カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井氏「強くなる試練だ」/5カード連続負け越しの後輩へ『エール』

2019年4月15日

球団史上初の5カード連続負け越し…わずか3安打、誠也の一発も空砲

デイリースポーツ評論家・新井貴浩氏(42)が14日、開幕から5カード連続負け越しとなったカープへ、提言とエールを送った。現役時代は苦しい時代もリーグ3連覇した黄金時代も経験。酸いも甘いも知る新井氏が独自の視点で後輩たちへ、メンタル面の重要性を説いた。

今日の試合を見て、今のカープの状態どうこうより、チームの軸である4番筒香を欠いた中で、僅差で勝ちにつなげたDeNAの強さを感じた。

DeNAは強力打線ばかりに目が行きがちだが、先発も、リリーフ陣も力がある。井納、エスコバー、パットン、三嶋、守護神・山崎も球が強い。チーム全体として、確実に力を付けている印象を受けた。

カープはシーズン開幕から、5カード連続で負け越しとなった。このような滑り出しになるとは、周囲も予想していなかった。ましてプレーしている選手も思っていなかったはずだ。昨年までリーグ3連覇できたのは紛れもなく彼らの力だし、自信として持っていると思う。その中で現実に起こっていることを正面から受け止めないといけない。

そうした中で各自が「何とかしないといけない、何とかしないといけない」と思いすぎているように見えた。みんな、責任感が強い選手ばかり。思うように勝てず、焦る気持ちはよく分かる。今の自分自身の状態以上のものを出そうと思わず、今の状態の範囲内で、「できることをやる、やっていく」と考えた方がいいだろう。

そうメンタルを持っていかないと、立ち直るのが遅くなってしまう。

試合前の彼らの明るい表情を見ると、昨年との違いは感じなかった。ただ、若いチームだし、3連覇した強いカープを知っている選手が多い。今のような経験は初めてだろう。だから余計にこんなはずじゃないと思っているはずだ。今起こっていることは、彼らがこれから大きく、強くなるために必要な試練だと思う。そう考えて、乗り越えてほしい。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

巨人打線を「プラン通り」に抑えた!エース・大瀬良、勝利以上の仕事

巨人打線を「プラン通り」に抑えた!エース・大瀬良、勝利以上の仕事

リーグ優勝を果たした1位チームがクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージを戦う難しさを、かつての巨人・原辰徳監督はこんな風に表現していた。 「相手はファーストステージで勢いがついてきている。 …

黒田氏が表現、新井という男「プライドを捨てるプライドがすごさだ」

黒田氏が表現、新井という男「プライドを捨てるプライドがすごさだ」

質問すれば必ず2、3秒の静寂が生まれる。その空間はいつも、新井選手と僕の真剣勝負だ。たまらなく好きな時間でもあった。プレースタイル同様、取材にも常に全力の人。発言の影響力を理解した上で、一貫してファン …

新井が、現役生活を振り返る…ネット裏から試合を観る日々に思うこと

新井が、現役生活を振り返る…ネット裏から試合を観る日々に思うこと

2019年のプロ野球が開幕して、2カ月近くがたった。グラウンドを離れ、バックネット裏から試合を観る日々は新鮮で面白い。ファンの皆さんに近い心境や目線だと思う。 出遅れていた広島は、しっかり立てなおし、 …