カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井氏「強くなる試練だ」/5カード連続負け越しの後輩へ『エール』

2019年4月15日

球団史上初の5カード連続負け越し…わずか3安打、誠也の一発も空砲

デイリースポーツ評論家・新井貴浩氏(42)が14日、開幕から5カード連続負け越しとなったカープへ、提言とエールを送った。現役時代は苦しい時代もリーグ3連覇した黄金時代も経験。酸いも甘いも知る新井氏が独自の視点で後輩たちへ、メンタル面の重要性を説いた。

今日の試合を見て、今のカープの状態どうこうより、チームの軸である4番筒香を欠いた中で、僅差で勝ちにつなげたDeNAの強さを感じた。

DeNAは強力打線ばかりに目が行きがちだが、先発も、リリーフ陣も力がある。井納、エスコバー、パットン、三嶋、守護神・山崎も球が強い。チーム全体として、確実に力を付けている印象を受けた。

カープはシーズン開幕から、5カード連続で負け越しとなった。このような滑り出しになるとは、周囲も予想していなかった。ましてプレーしている選手も思っていなかったはずだ。昨年までリーグ3連覇できたのは紛れもなく彼らの力だし、自信として持っていると思う。その中で現実に起こっていることを正面から受け止めないといけない。

そうした中で各自が「何とかしないといけない、何とかしないといけない」と思いすぎているように見えた。みんな、責任感が強い選手ばかり。思うように勝てず、焦る気持ちはよく分かる。今の自分自身の状態以上のものを出そうと思わず、今の状態の範囲内で、「できることをやる、やっていく」と考えた方がいいだろう。

そうメンタルを持っていかないと、立ち直るのが遅くなってしまう。

試合前の彼らの明るい表情を見ると、昨年との違いは感じなかった。ただ、若いチームだし、3連覇した強いカープを知っている選手が多い。今のような経験は初めてだろう。だから余計にこんなはずじゃないと思っているはずだ。今起こっていることは、彼らがこれから大きく、強くなるために必要な試練だと思う。そう考えて、乗り越えてほしい。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

木村昇吾「カープは勝ち方を知っている、どう上がっていくか楽しみ」

木村昇吾「カープは勝ち方を知っている、どう上がっていくか楽しみ」

クリケッターの木村昇吾です。4月30日に阪神-広島(甲子園)をパブリックビューイングで放送するイベントが広島市内の飲食店「弘法市スタジアム広島」で開催され、ゲストで参加させて頂きました。 広島ファンが …

今季カープの投打キーマン!背番号1・鈴木誠也、先発左腕・床田寛樹

今季カープの投打キーマン!背番号1・鈴木誠也、先発左腕・床田寛樹

注目は外野と外国人枠の起用法 セ・リーグ3連覇を果たした広島は、今年4連覇を目指すシーズンになる。しかし、このオフに丸佳浩がFA権を行使し同リーグの巨人へと移籍したため、その道のりは決して平坦ではない …

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み、四球数とベンチワークが両者の差

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み、四球数とベンチワークが両者の差

同じような負け方をシーズン中に何度も見た。終盤の逆転劇は今季の広島の得意芸であることはいうまでもない。 だからこそ巨人・高橋由伸監督は思い切った決断で、試合の主導権を握ろうとしたのである。 「僕の中で …