カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池涼介の「野球観」/大好きな『イチロー』氏と、異なる点とは?

2019年4月17日

菊池涼介の「野球観」/大好きな『イチロー』氏と、異なる点とは?

広島菊池涼介が、尊敬するイチロー氏の考えについて「ちょっと違うと思うんですよね」と言う部分がある。3月の引退会見で、野球の魅力について語った以下の部分だ。「団体競技なんですけど個人競技なんですよ。個人としても結果を残さないと生きていくことはできない。本来はチームとして勝っていけばチームのクオリティーは高い。でも決してそうではない」。

これに対し「みんなで勝つのが野球だと思うんです」と異を唱える。

断っておくが、菊池涼はイチロー氏が好きだ。少年時代、初めて買ってもらったバットはイチローモデルだった。イチロー氏にあこがれて野球を始めた世代。プレーにも、立ち居振る舞いにも敬意を払っている。もちろん、84分間の引退会見はすべて見た。感動した。発言の趣旨を考え抜いた上で、疑問を持ったということだ。

今年1月の自主トレを取材した際に話していたことを思い出した。チームの今季について「『家族』になったチームが『一丸』に戻らないようにしないと」と、独特の表現で警鐘を鳴らしていた。家族のように一心同体になったチームを「一丸」という平凡な結束に戻してはいけない、自分のことしか考えない人間の集まりにしてはいけないという意味だ。黒田博樹氏、新井貴浩氏から引き継いだ信念なのだろう。

4月9日ヤクルト戦。先発ジョンソンが初回に3失点したその裏1死走者なしの打席。三遊間への当たりを放った菊池涼は、一塁へ頭から滑り込み、内野安打をもぎ取った。あきらめない。あきらめるな。肩に力を入れないふだんの姿とは正反対の、熱い思いが見えた。自己犠牲を強いられる進塁打にも100%の集中力で取り組む。派手な守備に焦点が当たるが、平凡なゴロほど愚直に足を使い、丁寧に処理する。チームプレーが体に染みついている。

波に乗れないチームにあって、チームリーダーのこの姿は貴重だ。菊池涼が自らの野球観を体現する限り、巻き返しは可能とみている。【広島担当 村野森】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

大盛、俊足いかし「僕らしい」プロ初安打…記念球は両親にプレゼント

大盛、俊足いかし「僕らしい」プロ初安打…記念球は両親にプレゼント

2年目の広島・大盛がうれしいプロ初安打を放った。 5回、1死から代打で登場。平良の変化球に対して二塁へのゴロとなったが、高いバウンドが幸いして内野安打となった。「引っかけての内野安打だったけど、足を使 …

達川光男氏が見たカープ野手陣、『注目選手』の仕上がり具合チェック

達川光男氏が見たカープ野手陣、『注目選手』の仕上がり具合チェック

野間峻祥は、100点。慢心なしの心意気よし 不動の三番打者だった丸佳浩が巨人に移籍した今季、カープのオーダーは新たな編成を迫られることになった。そこでここでは、チームの頭脳として黄金時代を支え、監督も …

菊池涼介、ポスティング交渉解禁!守備評価は高い、打撃力がポイント

菊池涼介、ポスティング交渉解禁!守備評価は高い、打撃力がポイント

大リーグ機構(MLB)は2日(日本時間3日)、ポスティングシステムを利用しメジャー移籍を目指す広島の菊池涼介内野手(29)について、全30球団に契約可能選手として通知したと公表した。 米球団との交渉は …