カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良がカープで慕われる理由…、相談も雑談も「話しやすい」エース

2019年4月18日

大瀬良がカープで慕われる理由…、相談も雑談も「話しやすい」エース

新年度を迎え、ひと月足らずで元号も「平成」から「令和」へと移っていく。時代の流れ、年を重ねるにつれ、人もまた、変わっていかなければいけないのかもしれない。

新しいシーズンが幕を開けたプロ野球では、4連覇を狙う広島の大瀬良大地が昨年までとは違う姿を見せている。

初めて任された開幕のマウンド。特別なものであるのは、大瀬良自身、分かっていた。チームの初陣を託された重圧を感じながらマウンドに上がった。

相手は昨年まで頼れるチームメートだった丸佳浩が加入した新生・巨人だ。いきなり球界のエース、菅野智之との投げ合い。昨年の直接対決は3試合で1勝1敗で五分も、力不足を痛感させられた。

「ベンチから菅野さんのピッチングや立ち姿、ピンチになってギアを上げるところ、マウンド上でチームを鼓舞していく姿を見て、実績の差、力の差というものを感じさせられた。一緒に対戦したからこそ感じるものもあった」

「エース」という道のりの長さを投げ合ったことで肌で感じることができた。だが同時に、ぼんやりと進むべき距離、そして方向性も見えた気もした。

丸を4三振に抑えてもクールな表情

そして迎えた今年最初の直接対決はこれ以上ない舞台。先制を許さず、味方が得点を奪っても隙を見せない。1-0という最少得点差のまま菅野よりも長くマウンドに立ち続けた。特に丸には、内角球を見せながらハーフスイング、見逃し、カーブ、真っすぐで4三振を奪ってみせた。

流れを渡すことなく迎えた8回。1死一、二塁から丸、岡本和真から連続三振を奪ってピンチを切り抜け、試合の行方は決まった。一打同点、一発出れば逆転というピンチで強力な中軸を抑え、バッテリーを組んだ捕手・會澤翼の力強く右拳を握って喜ぶ姿とは対照的に、マウンド上の大瀬良は事もなげにグラブを外し、ベンチに歩を進めていた。

その静かな足取りは、エース道への確かな第一歩と感じた。

マエケン、黒田から学んだこと

「一喜一憂しないようにしている。昨年から意識してやってきた。もう1つ上のレベルに行くには、そうしないといけないかなと」

5日の阪神戦でも、同点の4回1死満塁から併殺打に打ち取っても感情を表に出すことはなかった。また、7回に中谷将大の打球が左翼ポールを直撃する逆転2ランとなった瞬間も、表情を変えようとはしなかった。

この日、自身は「ここ数年でワーストに近い」状態でありながら、最低限試合をつくった。

それでも「(本塁打された)最後の1球を抑えきれないと。昨年なら試合を作れたとなっていたかもしれないけど、昨年よりも1つ先の反省をしていかないといけない」。大瀬良は今年、まだ見ぬ道を歩きながら、変わろうとしている。

プロ入りした広島には、前田健太(ドジャース)、黒田博樹氏という偉大なエースがいた。

「マエケンさんとはよく話をさせてもらった。黒田さんの姿を見てきて(変わる)必要性を感じた」

感じ取るのは選手次第。大瀬良には受け継ぐ資格も、覚悟もあった。

すでに「エース」と呼ぶ声も聞くが、まだエースではない。大瀬良自身が「まだ完全な信頼を得られていない」と感じているように、今以上の揺るぎない信頼が必要となる。

先発1番手として迎えた昨年の日本シリーズだったが、エースと呼べる信頼はなかった。第1戦は5回で降板。指名打者制が敷かれるヤフオクドームでの第5戦は、5回1死二、三塁でクリーンアップを迎えたところでマウンドを降りた。

「短期決戦なのでチームが勝つための最善策を取っただけ。悔しさはあるが、仕方がない」

そう冷静に振り返るが、一方で「昨年以上の成績を残して、短期決戦でしっかりとチームを勝ちに導いていけるような投手になりたい」とも言う。2試合で計9回 1/3 。1勝もできなかった悔しさは今も胸に残る。

それでも優しさは変わらない

以前当コラム「優しい人間は生き残れない世界で。広島・大瀬良大地が求める強さの形。」(※https://number.bunshun.jp/articles/-/828527)で記したように、大瀬良は優しい男だ。

チームメートにも報道陣にも、そしてファンにも優しい。優しさはプロの世界ではときに弱さと捉えられることもある。

成長のためには変わらなければいけないし、成長するためには強くならなければいけない。ただ大瀬良は新境地を切り開こうとしながらも、変わらない優しさを同居させる。

打たれた島内に、失敗談を語る

2日の中日戦後のことだ。大瀬良と同じ九州共立大出身の島内颯太郎が、リードした展開から登板したものの、逆転負けにつながる投球をした。2人は事前の約束通り食事をしたという。いつも以上に口数が少ない後輩に、笑いながら言った。

「つらいよな。分かるよ。俺、黒田さんの勝ち星を消したとき、腹切ろうかなと思ったもん」

今だから笑い話にできる、自身の失敗談を優しく語りかけた。それはまるで下を向くなと励ましているようでもあり、カツを入れているようでもある。

「中継ぎは大変だよ。でも次の日にもやり返せる……。やり返せ」

温かくも力強いエールだった。

最後まで島内の口数は増えなかったというが、4日の中日戦で島内は1回を三者凡退。プロ3試合目の登板で無失点に抑え、先輩の優しさに応えた。

大瀬良のもとには多くの後輩が集まる

同じ大学の後輩だけではない。今年は若い選手が大瀬良のもとに集まる姿をよく目にする。トレーニング法や投球フォームについての助言を求めるだけでなく、雑談に花を咲かせる場面もみられる。

大瀬良が歩んだ、決して順風満帆ではないプロ野球人生から学びたいという意識もあるのだろうが、何より大瀬良の人柄が人を集める。オフに自主トレをともにした戸田隆矢は「大瀬良さんなんで。話しやすいですし、いろんなことを教えてくれる」と感謝していた。

チームでの立場の変化も、理解している。

「下の子も増えてきているので、ちょっとでもアドバイスできるようにやっていきたいなという思いはあります。しっかりとチームの立ち位置としても投手の柱と見てもらえるような姿勢を見せていきたいですし、実績を積み重ねていきたいです」

エースとは、投げてチームを勝たせるだけじゃない。それもまた、過去のエースが教えてくれたことだ。

チームが勝ってほしいと思う時に勝つ

もちろん、チームを勝利に導くことも課せられている。

昨年の開幕時は先発3番手だったが、今年は初戦の菅野に続き、2度目の登板の相手が阪神のランディ・メッセンジャーだったように、必然的に各球団のエース格との投げ合いが増す。

真価が問われる1年は同時に、一気にエース道を駆け上がるチャンスでもある。チームとしても、今年は大瀬良登板日は「落とせない試合」と位置づけられる。

「チームが勝ってほしいと思う時に勝つ」

それこそまさにエースの姿だろう。

誰だって、新天地、新境地から見る景色は見慣れない。その違和感は不安やストレスに変わることもある。見慣れた景色はやはり居心地良い。

ただ、新たなステージで戦わなければいけない。見慣れない景色が、見慣れた景色へと変わったときに人は成長を感じるのかもしれない。

大瀬良が今年、歩を進めた道の先には、歴代のエースたちしか見られなかった景色が広がっているに違いない。(前原淳)

(※引用元 Number Web

関連記事

広島カープは人間でいえば20歳/菊池涼介のメジャー挑戦表明に思う

広島カープは人間でいえば20歳/菊池涼介のメジャー挑戦表明に思う

まず、菊池選手が今季オフに大リーグ挑戦したいと表明した件。これは俺が持ってるラジオ番組『がんばれカープ大放送』でも話したので聞いた人は「またかよ」だし、そのときに「見当違いの適当なこと言いやがって」と …

奇策ににじむ緒方監督の迷い…深刻な「タイムリー欠乏症」に手詰まり

奇策ににじむ緒方監督の迷い…深刻な「タイムリー欠乏症」に手詰まり

広島のリーグ4連覇に黄色信号が灯った。 広島は2019年7月4日、マツダスタジアムでヤクルトと対戦し、2-7で敗れた。先発クリス・ジョンソン投手(34)が3回に突如乱れて5失点。打線は8安打を放ちなが …

長野久義、小園海斗という新風/カープにマンネリという文字はない!

長野久義、小園海斗という新風/カープにマンネリという文字はない!

2月26日、広島は2月1日からの春季キャンプを打ち上げた。例年と同じように大きな円陣で一本締め。今年の広島キャンプの充実度は昨年のような監督賞がなかったことが表していたように感じる。 ちょうど1年前の …