カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

プロ初先発で好投!アドゥワの『配転成功』を誰よりも喜んだのは誰?

2019年4月24日

プロ初先発で好投!アドゥワの『配転成功』を誰よりも喜んだのは誰?

196センチの長身右腕が躍動した。

23日、広島のアドゥワ(20)が先発転向後、初めて一軍のマウンドに立った。初回、中日の平田に初球をバックスクリーンに運ばれたものの、7回を6安打2失点の好投。同点の場面で降板し、勝ち負けはつかなかったものの、初先発としては文句なしだ。

「粘り強く投げられた」とは試合後のアドゥワ。

そんな右腕の快投を誰よりも喜んでいたのが、佐々岡投手コーチだろう。昨オフ、「将来性を考えたら先発転向もある」と、配置転換をぶち上げた張本人だからだ。

アドゥワは昨季、リリーフで53試合に登板。夏場以降は出番が激増し、連投、イニングまたぎと何でもござれ。高卒2年目ながら、苦しいブルペンを支えてきた。

仮に先発転向失敗なら、貴重なリリーフを台無しにしかねなかった。今季の広島は球団初となる開幕5カード負け越し。投打ともにボロボロで、将来の指揮官候補といわれていた佐々岡コーチの責任問題にも発展しかねず、「監督レース」から外されてもおかしくなかったほどだ。

それが今季2度目のサヨナラ勝ちで5連勝。一時期は失点、与四球でリーグワーストだった投手陣もここ4試合で計9失点と、復調の兆しが見えつつある。さらにアドゥワの配置転換も成功となれば、投手コーチの評判も回復するだろう。

佐々岡コーチはアドゥワについて、「こちらが期待していたものに応えてくれた」とご満悦。右腕の好投がチームとコーチを救った。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

緒方監督が岡田、床田にアドゥワも『先発』へ期待「力をつけている」

緒方監督が岡田、床田にアドゥワも『先発』へ期待「力をつけている」

野村 3連覇した中である程度の成績を残した左打者の名前が挙がっているけど、右打者なら下水流がいる。バティスタにメヒアもいる。 緒方 その3人にもチャンスをあげたいんですよ。長野も加入したし、右打者を並 …

現在はセ最強も、10年前は4位低迷…2008年のカープを振り返る

現在はセ最強も、10年前は4位低迷…2008年のカープを振り返る

ブラウン監督3年目は上位浮上ならず、野手では東出がベストナイン 10年ひと昔という。10年前の野球界はどんな様子だったのか。2008年の野球界を数字で追いかけよう。最後は今を時めく人気球団の広島だ。 …

なぜカープは野手と投手に溝がないのか?/黒田氏の教えがあるんだと

なぜカープは野手と投手に溝がないのか?/黒田氏の教えがあるんだと

ロシアでは世界一を決める、4年に1度のサッカーW杯が行われている。国と国との威信をかけた戦いは、チャンピオンズ・リーグやコパ・アメリカとはまた違う熱気を感じる。当たり前のことかもしれないが、個の力だけ …