カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

開幕戦の衝撃…大瀬良が奪った丸4連続三振!新人にはどう映ったのか

2019年4月26日

開幕戦の衝撃…大瀬良が奪った丸4連続三振!新人にはどう映ったのか

衝撃は、1カ月くらいでは薄れない。3月29日、広島の本拠地マツダスタジアムでの巨人との開幕戦。大瀬良は、昨季までの同僚の丸から4打席連続三振を奪った。打席を重ねるごとに大きくなる歓声。1点リードの8回1死一、二塁、外角直球での見逃し三振には、昨秋の日本シリーズでも経験しなかったと言ってもいい、地鳴りのような歓声が起こった。

あの名勝負を、開幕1軍で迎えた新人が、それぞれの思いで見つめていた。

ドラフト1位の小園がベンチ入りしたのは、開幕戦特有の緊張感を体感させようとする首脳陣の思惑もあった。「最高の場所でした。独特の緊張感があって、いい経験になった。早く1軍でプレーしたいという気持ちになりました」。出番はなくても、貴重な財産を手に2軍へと向かった。

同2位・島内は、ブルペンのモニターで「師匠」の快投を見つめていた。大瀬良は九州共立大の先輩にあたり、春季キャンプではキャッチボールでコンビを組むなど面倒を見てもらった。試合が始まると、胸の高鳴りを抑えられなくなったという。「球場とかの雰囲気も違うし、思ったよりも緊張していましたね」。

7回には、大瀬良のバックアップとして肩を作るように指令を受けた。「1対0のあんな場面が僕のデビュー戦だったらと思うと…」。あの状況でバトンを受ける――と想像するだけで緊張は頂点に達した。結局、大瀬良は崩れることなく、自身の開幕戦での登板はなかった。

それでも、「大瀬良VS菅野」の投手戦をモニターから見つめるだけで、得るものはあった。

「あれだけの制球力を求められるのが、一線級のプロなのかと勉強になりました。大瀬良さんのように、プロは開幕にちゃんと(調子を)合わせてくる。あと、おふたりを見て、スライダー、カット系がやっぱり大事だなと思いました。そこは自分の課題でもあるので、改めてスライダーを磨かないといけないと感じました」

ちなみに、大瀬良が新人だった14年の開幕投手は、前田(現ドジャース)だった。7安打されながら6回2失点で耐えた投球に「エースって凄いんだなと」と衝撃を受けたという。1年目のオフから3年連続で合同自主トレをした「マエケン師匠」の姿を今も覚えているように、島内も大瀬良の投球を忘れることはないだろう。

その島内は25日現在、4試合に登板して防御率9・64と結果を残せず、2軍で調整中。こだわりのある先発への思いは封印し、中継ぎとして再昇格を目指している。思えば、大瀬良も、中継ぎを経験しながら開幕投手までたどり着いた。丸を4連続三振、巨人を8回零封11奪三振――。

強烈な事実でさらに尊敬の念を深めた憧れの先輩のおかげで、島内の目標は常に高く設定されることになった。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

カープの強さを支える充実の『捕手陣』、コーチが抱える嬉しい悩み!

カープの強さを支える充実の『捕手陣』、コーチが抱える嬉しい悩み!

熾烈な競争を繰り広げる捕手陣、ドラ1中村も「割って入るにはよほど頑張らないと」 強力投手陣、伸び盛りの若手。リーグ3連覇を目指すカープには好材料が揃う。そして捕手陣のレベルの高さからも目が離せない。 …

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

個人目標をほとんど口にすることのない丸佳浩が、口を開いた。「試合に出続けることは、僕にとっての数少ない野球に対するこだわりです。モチベーションになっています」 2013年5月20日から始まった連続試合 …

セ・2位以下の混戦から抜け出すか、カープの強みは「苦手球団なし」

セ・2位以下の混戦から抜け出すか、カープの強みは「苦手球団なし」

2位以下の混戦が続くセ・リーグ。独走する首位の巨人を除き、2位から5位まではわずか3ゲーム差だ。巨人以外が星を潰し合っている印象すらあるが、唯一、「苦手」を持たない球団がある。広島である。 今季、ここ …