カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

達川氏、期待の『若鯉』に床田を指名「15は勝つ」!中村奨成には…

2019年5月2日

達川氏、期待の『若鯉』に床田を指名「15は勝つ」!中村奨成には…

元プロ野球選手で野球解説者の達川光男氏(63)が29日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木前8・30)に出演。広島で注目している“若鯉“について言及した。

パーソナリティーの伊集院光(51)から、これから伸びそうな選手を問われ

「床田。本物ですよ。これはいいボール投げます」と即答。3年目左腕を「真っ直ぐ、変化球が同じ腕の振り。メンタルも強い。クイックも守備力もある。送りバントもうまい。謙虚さもある」と手放しで称賛。「いくつ勝てますか?」の問いには「肘を手術しているが、1年持てば、15は勝つと思う」と期待した。

若手捕手で注目しているのは、2017年のドラフト1位で2年目の中村奨成(19)と、2軍で今季から外野手にも挑戦している3年目の坂倉将吾(20)。

「モノは中村が上だが、考え方は坂倉が上。坂倉には謙虚さ、向上心もある」と分析。指導するなら、坂倉には「自分が投げているつもりでキャッチャーをしなさい」と、中村には「体を治して、高校時代の実績を捨てろ」とそれぞれ伝えるという。

先日中村に会った際には、「宮島の弥山(みせん)のてっぺんに登って、朝日か夕日を見てこい。そしたらいろんなことがわかる」と話したそうで、伊集院は「うわ、すげえ指導だな!」と驚いていた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

遊撃・田中、二塁・菊池、中堅・丸が守備でも中心となり、強固なセンターラインを形成

【2017シーズン総括】投打に充実の戦力、2年連続独走リーグV

ソフトバンクの日本一で幕を閉じた2017シーズン。熱戦が続いたが、球団ごとに「投手力」「攻撃力」「守備力」に分けて振り返っていく。 投手力 PITCHING REVIEW セ・リーグ1位 ◎143試合 …

死闘32年ぶりに日本Sドロー開幕、広島カープに利あり/黒田博樹氏

死闘32年ぶりに日本Sドロー開幕、広島カープに利あり/黒田博樹氏

「SMBC日本シリーズ」はいきなりの死闘だ。2年ぶりに進出した広島と2年連続日本一を目指すソフトバンクの頂上決戦。1回、広島が菊池のソロなどで2点を先制すると、ソフトバンクが5回、デスパイネの二塁内野 …

開幕戦の衝撃…大瀬良が奪った丸4連続三振!新人にはどう映ったのか

開幕戦の衝撃…大瀬良が奪った丸4連続三振!新人にはどう映ったのか

衝撃は、1カ月くらいでは薄れない。3月29日、広島の本拠地マツダスタジアムでの巨人との開幕戦。大瀬良は、昨季までの同僚の丸から4打席連続三振を奪った。打席を重ねるごとに大きくなる歓声。1点リードの8回 …