カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

北別府氏、田中広輔を思う『鯉党』に感謝「選手、監督、ファン一体」

2019年5月10日

北別府氏、打撃不振の田中広輔に熱きエール「こういう時は必ずある」

エースとして広島ひと筋に通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が9日、自身のブログを更新。打撃不振が続く広島・田中広輔内野手(29)へ向けて「昨年までどれ程この男に助けてもらってきたか」「これを乗り越えた田中広輔を見たい」と熱いエールを送った前日8日のブログに寄せられたファンからの温かい声に感謝した。

北別府さんは「皆さんの田中広輔に対するコメント心打たれました」と切り出し、「選手、監督、ファン一体であると今更ながら思う次第です」とシンプルな言葉でつい忘れがちな“基本”に触れた。

切り込み隊長として球団初のリーグ3連覇に大きく貢献した田中は現在18打席連続ノーヒット。打順は定位置の1番から8番に下がり、セ・リーグの規定打席到達者の中では最下位の打率・160ともがき苦しんでいる。

この状況にSNS上などでは本人や先発起用を続ける緒方監督への批判や心ない中傷も散見されるが、北別府さんは8日のブログで「長い野球人生こういう時は必ずある。昨年までどれ程この男に助けてもらってきたか。乗り越えろ!一年ずっとスランプという事はないと断言できる選手です」と復調に太鼓判を押した上で「本人は眠れない日々だと思います。これを乗り越えた田中広輔を見たいと切に思います」と熱い言葉でエールを送っていた。

その後、ブログのコメント欄には「ずっと広輔選手を応援してる私もなんだか救われた気がします」「北別府さんにありがとうは変かも知れませんが、それでもありがとうございますと言いたいくらいコメント読んで泣いてしまいました」「北別府さんのコメント、全カープファンに見てもらいたい!」と北別府さんの思いに共感する鯉党が続々とメッセージ。

また、心労からか痩せたようにも見える田中広を心配しつつ「大丈夫、コースケくんは愛されてますよ」「自分に負けないで、がんばれ、こうすけ!」と本人への応援メッセージも次々と届いている。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

鈴木誠也、好結果を生む打席での『心構え』とは/チャンスは任せろ!

鈴木誠也、好結果を生む打席での『心構え』とは/チャンスは任せろ!

勝負強さが四番打者の必須項目ならば、鈴木誠也はピタリと合致する存在だ。 一軍定着後、得点圏打率は3年連続で3割以上をマークした。2015年は.358、16年は.346、17年は.308とやや下回ったが …

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜け …

11連敗の翌日に「カープ特集」を発売、Number編集長の告白!

11連敗の翌日に「カープ特集」を発売、Number編集長の告白!

本日発売の『Sports Graphic Number』最新号の特集は「カープに学べ。鯉のレッスン14講座」と題した、1冊丸ごと広島特集。しかし雑誌発売前日に20年ぶりの11連敗を記録し、シーズン前半 …