カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

今オフにもポスティング、カープ・菊池涼介メジャーでつく『お値段』

2019年5月11日

今オフにもポスティング、カープ・菊池涼介メジャーでつく『お値段』

今オフにもポスティング、カープ・菊池涼介メジャーでつく『お値段』

早ければ今オフにも海を渡る。

10日に国内FA権を取得した広島の菊池涼介二塁手(29)。この日は「シーズン中なので何も考えていない」と話すにとどめたが、昨年12月の契約更改では球団にポスティングでのメジャー挑戦を直訴。

鈴木球団本部長はこの日、「去年の本人の言葉もある。うちはかつてポスティングを認めてきた経緯もある」と話すなど、容認する可能性は高い。

とはいえ、メジャーでは日本人内野手の成功例は少ない。過去に日本人内野手でメジャー契約を勝ち取ったのは5人だけ。

成功したといえるのは、井口資仁(ホワイトソックスなど)くらいだ。2013年にアスレチックス入りした中島宏之(2年650万ドル、3年目はオプション)は故障などで一度も昇格することなく帰国した。川崎宗則(マリナーズなど)、田中賢介(ジャイアンツ)はともにマイナー契約スタートだった。

菊池の最大の売りは6年連続ゴールデングラブ賞を受賞した日本球界屈指の“ニンジャ”守備。昨季こそ打率.233と低迷したものの、今季はここまで・262。17年のWBC準決勝(米国戦)では一発を放ったように小力もある。今季の年俸は2.4億円。メジャーではいかほどの値がつくのか。スポーツライターの友成那智氏はいう。

「ここ数年はスモールベースボールを導入する球団が減り、2番に最強打者を起用する傾向も強い。レギュラーとしては厳しいかもしれませんが、終盤にあと1点がほしいという時の代打・代走としてのキーマン、“5人目の内野手”として興味を示す球団はいくつかあるでしょう。

二塁が固定できていないオリオールズやタイガースが候補に挙がる。ロイヤルズは機動力野球を重視しており、二塁、遊撃に加え、外野起用も視野に入れて獲得に動く可能性があります。ただ、大型契約は難しいでしょう。良くて2年500万ドル(約5.5億円)程度。3年目のオプションがつけば御の字といえます」

“安い給料”でも夢を追うか。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

床田、規定投球回まで…後「15」一石五鳥?汚い大人?で、まず竜倒

床田、規定投球回まで…後「15」一石五鳥?汚い大人?で、まず竜倒

3位・広島の3年目左腕、床田寛樹投手(24)が9日、“一石五鳥”の規定投球回到達を誓った。 11日の中日戦(マツダ)での先発を控えて同球場で投球練習。8月30日のDeNA戦(同=7回2失点、勝敗つかず …

小園海斗、プロ2号に猛打賞も記録!東出コーチ「あいつは何なんや」

小園海斗、プロ2号に猛打賞も記録!東出コーチ「あいつは何なんや」

広島小園海斗内野手が、ヤクルト2番手大下の初球カーブを捉えた。3-1の3回2死二塁。小気味いい打撃音を残し、2号2ランが右翼スタンドに伸びた。2日前にプロ1号を放ったばかり。広島の高卒新人で2本以上本 …

鈴木誠也が『復帰』!スタメンは外れる見込みだが、ベンチ入りの予定

鈴木誠也が『復帰』!スタメンは外れる見込みだが、ベンチ入りの予定

2試合連続欠場中の広島鈴木誠也外野手(24)が全体練習に復帰した。 ウオーミングアップに姿を見せると、トレーナーとともに外野でキャッチボール。その後フリー打撃では右投手から18スイング中4本の柵越え、 …