カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

『投壊カープ』が、いつの間にか…防御率・リーグトップの紆余曲折!

2019年5月15日

『投壊カープ』が、いつの間にか…防御率・リーグトップの紆余曲折!

不安定な投手陣。リーグ3連覇を達成した広島の以前からの課題だった。最下位にあえいでいた開幕1カ月はその懸念材料が露呈していたが、ここにきて大きく改善されてきた。

14日現在、チーム防御率はリーグトップの3.21。155失点は同3位だが、自責124はリーグ最少だ。

立て直した要因のひとつは、再編された先発陣にある。

春季キャンプ前には緒方監督が「先発10人構想」を発表。佐々岡投手コーチも「一岡と中崎以外は先発の可能性がある」と公言した。それは現実となり、開幕直後はリリーフだったアドゥワ誠(20)が4月下旬に先発転向。4試合目の先発登板で1失点完投勝利を収めた。

昨季は前年に受けた手術の影響で登板ゼロだった床田寛樹(24)も「10人構想のひとりで、ここまでローテを守って防御率はリーグ5位の2・36。

一方、構想の一角だった岡田明丈(25)は乱調で早々と二軍落ち。九里亜蓮(27)も不振で中継ぎに降格となり、代わりに昇格させた中村祐太(23)が急場をしのいだ。岡田や九里のような事態に備え、候補の頭数を揃えて臨んだプランが、ここにきて形になってきたのだ。

「開幕後に低迷していた当初は、『緒方監督は成績に関係なく今季限りらしい。だから半ばヤケクソでやっているんじゃないか』なんてことも言われていたが、復調してからはそんな話も聞かなくなった。

この日で首位巨人とは2ゲーム差。酷暑で選手たちがヒーヒー言い出す頃には優勝争いにからんでいるだろう」(球界関係者)

チームは3連勝で貯金2。「緒方構想」が徐々にハマってきた。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

緒方監督の『鉄拳制裁』、厳重注意の大甘処分で済ますべき問題なのか

緒方監督の『鉄拳制裁』、厳重注意の大甘処分で済ますべき問題なのか

衝撃の事実が発表された。広島の緒方孝市監督(50)が全力疾走を怠った野間峻祥外野手(26)に時代錯誤の“鉄拳制裁”を与えていたというのだ。高校野球でも体罰は問題視され、撲滅の方向に進んでいる時代(いま …

梵氏が引退報告会!背番号6の後継者・安部には、FA移籍の勧め!?

梵氏が引退報告会!背番号6の後継者・安部には、FA移籍の勧め!?

元広島の梵英心氏(39)が3日、広島市のおりづるタワーで、引退報告会と自著「梵脳(ぼんのう)」の出版記念パーティーを行い、ファン約160人が詰めかけた。 カープでは17年までプレーし、その後、2年間は …

菊池のGG賞、「人選がおかしい」の声?記者による選出方法にも疑問

菊池のGG賞、「人選がおかしい」の声?記者による選出方法にも疑問

先月31日に発表された今年のプロ野球・ゴールデングラブ賞(GG賞)。優れた守備成績を残した選手が、記者投票で選ばれる。テレビや新聞などの媒体で5年以上、主に現場取材を担当している記者の投票で決まるこの …