カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

逆転のカープ!5点差追いつき、誠也が球団通算100本目サヨナラ弾

2019年5月15日

逆転のカープ!5点差追いつき、誠也が球団通算100本目サヨナラ弾

公式戦(5月15日、カープ9-7ヤクルト、マツダスタジアム)

広島が驚異的な粘りを見せて5点差を8、9回で追いつき、延長戦の末に主砲・鈴木の球団通算100本目となるサヨナラ弾で9―7と逆転サヨナラ勝ち。劇的な勝利で4連勝を飾って今季最多の貯金3とし、ヤクルトと同率2位で並んだ。ヤクルトは2連敗。

2―7で迎えた8回に主砲・鈴木が6番手・五十嵐の代わりバナの初球をバックスクリーンに叩き込んで4点差としたのが“逆転のカープ”完全復活への号砲だった。

3―7で迎えた9回には7番手・梅野から1死一、二塁とし、鈴木の中前適時打で4―7と3点差。さらに1死満塁から磯村の左前2点適時打で6―7と1点差に追い上げた。

この回さらに続いた2死一、二塁から田中広が四球を選んで2死満塁とすると、代打・小窪が押し出し四球を選んで7―7の同点。延長戦に持ち込んだ。

延長10回、6番手としてマウンドに上がった守護神・中崎が2死二塁のピンチをしのぐと、その裏、1死からバティスタが四球で出塁。この1死一塁で鈴木がバックスクリーンへ劇的なサヨナラ2ランを放った。広島はこの一発が球団通算100本目のサヨナラアーチとなった。

ヤクルトは先発投手のスアレスが1回2安打無失点で降板。2014年から10連敗中だった広島先発・大瀬良から6回までに4点を奪って試合を優位に進めたが、7番手・梅野が9回に4失点。最後は8番手・中尾が力尽きた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

ついに8年ぶり『10連敗』、打線に復調の兆し11安打も3点どまり

ついに8年ぶり『10連敗』、打線に復調の兆し11安打も3点どまり

公式戦(7月9日、カープ3-6中日、ナゴヤドーム) 交流戦最下位からリーグ再開後もいまだ白星のない広島は打線に復活の兆しが見えながらも5位・中日に3―6で敗れ、2011年5~6月以来8年ぶりとなる10 …

森下がプロ初勝利!16イニング目に初失点も、打線が10点の援護!

森下がプロ初勝利!16イニング目に初失点も、打線が10点の援護!

公式戦(6月28日、カープ10-3中日、ナゴヤドーム) 広島のドラフト1位ルーキー、森下暢仁投手(22=明大)が28日の中日戦(ナゴヤD)で2度目の先発登板。完封のかかった9回に3点を失い、完封も完投 …

今季初の完封負け…佐々岡監督「何の策もできなかった」と肩を落とす

今季初の完封負け…佐々岡監督「何の策もできなかった」と肩を落とす

公式戦(9月1日、カープ0-5中日、ナゴヤドーム) 広島が今季初の0封負けで3連敗となった。打線は中日大野雄の前に手も足も出ず、わずか2安打。得点圏に1度も走者を進めることができなかった。 佐々岡真司 …