カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

巨人・上原、涙の引退会見「もうちょっとやりたかったなという思い」

2019年5月20日

巨人・上原、涙の引退会見「もうちょっとやりたかったなという思い」

現役引退を決断した巨人の上原浩治投手(44)が20日、都内ホテルで会見を行った。

異例のシーズン途中での現役引退を決断したベテラン右腕は冒頭、「本日をもちまして、21年間の現役生活を終えたいなと思います。これまで自分に関わってきた方々皆に感謝したいと思います」と涙を流しながらあいさつし、会見をスタートした。

昨年7月20日の広島戦で日本球界初の「100勝100ホールド100セーブ」を達成。昨年10月に左膝手術に踏みきり、いったんは自由契約となったが、12月に再契約となった。今季は1軍登板はなく、2軍で9試合に登板し、防御率4・00だった。

目に涙を浮かべながら「もうちょっとやりたかったなという思いです。ユニホームを着ることはもうないわけですから、気持ちを切り替えていきたい」と話し「今年でやめることは最初から決めていた。3カ月が勝負と。一度も1軍に上がることなく、2軍でも抑えていない葛藤があった」と語った。

上原は99年にドラフト1位で巨人に入団し、1年目に20勝を挙げるなど主なタイトルを独占。10年間で通算112勝62敗33セーブ、防御率3・01をマークし、FA権を行使して2009年に大リーグに移籍した。

メジャーでは主に救援として活躍し、13年にはレッドソックスで21セーブ、防御率1・09の好成績を挙げ、ア・リーグ優勝決定シリーズで最優秀選手(MVP)に輝き、ワールドシリーズ制覇にも貢献した。大リーグでの通算成績は22勝26敗95セーブ、防御率2・66。

上原は米大リーグ、カブスからフリーエージェント(FA)となり、昨年3月に巨人に復帰。昨季は36試合に登板して0勝5敗、防御率3・63で7月20日に記録したホールドで日米通算100勝、100セーブ、100ホールドを達成した。昨秋に左膝の手術を受け、一度は自由契約となったが、リハビリを経て巨人と再契約していた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

プロ野球から、乱闘が消えた『3つ』の理由…/火事と喧嘩は江戸の華

プロ野球から、乱闘が消えた『3つ』の理由…/火事と喧嘩は江戸の華

新型コロナウイルス拡大の影響でシーズン開幕時期がなかなか決まらないプロ野球。 今回は、プロ野球の「乱闘」についてです。 火事と喧嘩は江戸の華。プロ野球においても乱闘は決して褒められた行為ではありません …

出場選手の登録・抹消、外国人枠…日本シリーズの『ルール』について

出場選手の登録・抹消、外国人枠…日本シリーズの『ルール』について

出場選手登録について、日本シリーズ独特のルールを知らなかったので、まとめてみました。 ① 日本シリーズが始まる前に『40人』の選手名簿を提出。 ② そこから、毎試合ベンチに入る選手(外国人は4人を上限 …

大竹寛が引退、マエケンは懐かしカープ時代の『お宝』写真を大公開!

大竹寛が引退、マエケンは懐かしカープ時代の『お宝』写真を大公開!

広島で7年間ともにプレー「大好きな先輩です」 米大リーグ・ツインズの前田健太投手が、今季限りで現役引退する巨人・大竹寛投手に惜別メッセージを送った。2人は広島で2007年から2013年までの7年間、と …