カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良、91球完投で4勝目!2年ぶり9連勝、緒方監督へ弔い星を…

2019年5月23日

大瀬良、91球完投で4勝目!2年ぶり9連勝、緒方監督へ弔い星を…

公式戦(5月22日、カープ3-1中日、マツダスタジアム)

広島・大瀬良大地投手(27)が22日の中日戦でリーグ最多3度目の完投で4勝目を挙げた。6者連続三振を奪うなど6回1死まで完全投球。わずか91球で9回を3安打1失点に抑えた。実父・義雄氏の死去で緒方孝市監督(50)が不在だった一戦での弔い星。2年ぶりの9連勝に貢献し、2位・巨人に1・5ゲーム差を付けた。

カットボールが冴えている日の大瀬良は、打たれない。2回先頭のビシエドから6者連続での空振り三振。そのうちの4三振をカットボールで奪い、球団記録の長富浩志(88年6月7日の阪神戦)、紀藤真琴(同8月12日の大洋戦)の7者連続三振にあと1まで迫った。6回1死から加藤の右前打で完全投球は途切れても、失点は7回に許した高橋への適時二塁打のみ。3試合連続の無四球で球数を91球に抑えて、両リーグトップとなる3度目の完投につなげた。

「アツさん(会沢)も、そこ(カットボール)を要求していたので、調子はいいんだろうなと感じていた。前回は直球がシュート回転していたので、角度をつけて強い球を投げようと思った」

昨季は1年間を通して先発ローテーションを守り、2完投で182回を投げ抜いた。「柱と言ってもらえるように」と今季目標は200投球回という未体験の大台に設定。開幕から9度目の先発を終えて積み上げた計68回は両リーグ最多へ浮上し、昨季5月終了時の61回2/3を既に上回る。

増え続ける対戦データも無駄にはしない。次回の対戦相手の資料は常にかばんに入れて持ち歩き、「去年は1試合終わると、頭と体が疲れていた。だけど、データは去年のものが入っているから、今年は頭の疲れは感じにくくなった」と笑ってうなずいた。

実父の死去による緒方監督の不在は練習前に伝えられた。「監督が掲げる野球をやることが僕たちにできること」。監督代行の高ヘッドコーチを「相手を圧倒する立ち上がりだった。素晴らしい」と安心させ、継投の苦労を与えなかった。2年ぶり9連勝で首位を守り、2位・巨人に1・5ゲーム差。緒方監督が戻る24日からの直接対決へ、エースとして最高の形で弾みを付けた。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

8敗目を喫した床田「自分のミスで点を取られたので…もったいない」

8敗目を喫した床田「自分のミスで点を取られたので…もったいない」

公式戦(10月23日、カープ0-2DeNA、横浜スタジアム) 先発した広島の床田寛樹投手(25)が8敗目(3勝)を喫した。 味方の失策もあり、4回まで毎回先頭の出塁を許したが、なんとか無失点で粘った。 …

前夜の悪夢払しょくできず『3連敗』…床田が不完全燃焼の5回4失点

前夜の悪夢払しょくできず『3連敗』…床田が不完全燃焼の5回4失点

公式戦(5月18日、カープ2-4巨人、東京ドーム) 広島・床田が助っ人に痛恨の被弾を許した。2回先頭ではポランコに初球の直球を右翼席に運ばれ、先制ソロを献上。0―1の5回には、単打と四球で1死一、二塁 …

大逆転負けで、奥川にプロ初勝利献上…誠也2発もフイ、松山負傷退場

大逆転負けで、奥川にプロ初勝利献上…誠也2発もフイ、松山負傷退場

公式戦(4月8日、カープ7-11ヤクルト、神宮球場) 広島が8日のヤクルト戦で痛い逆転負けを喫した。 初回、打線がヤクルト先発の奥川を攻め立て、5連打で4点を先制。幸先よくスタートしたが、先発の中村祐 …