カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

球団記録に王手、月間17勝目!野村6失点KOも、會澤が2発で救う

2019年5月28日

球団記録に王手、月間17勝目!野村6失点KOも、會澤が2発で救う

公式戦(5月28日、カープ8-7ヤクルト、神宮球場)

広島が8―7でヤクルトを下し、11連勝ストップ後の連敗を阻止。月間17勝目を挙げ、1994年8月にマークした球団記録18勝に王手をかけた。敗れたヤクルトは年間96敗を喫した2017年の7月に14連敗して以来2年ぶりとなる12連敗。

広島は2回、会沢がバックスクリーンへ5号ソロを叩き込んで同点に追いつくと、3回には1死一、三塁から鈴木の中前適時打で勝ち越し。さらに西川、田中広にも適時打が出て計3点が入ると、4回にも野間、菊池涼、バティスタの3連打や西川の中前適時打などで再び3点を追加。リードを6点に広げた。

先発投手の野村が6点リードをもらいながら4回途中6失点でKOされ7―6と1点差に迫られたが、8回には会沢がバックスクリーン左へ6号ソロを放って貴重な追加点。

会沢にとって2017年9月3日のヤクルト戦(神宮)以来となる1試合2発で勝利を大きく引き寄せると、その裏、再び1点差に迫られたが、9回に登板した守護神・中崎が自ら招いた2死満塁をしのいで逃げ切った。

ヤクルトは初回に山田哲の二塁打で先制。1―7で迎えた4回には山田哲の3戦連発となる12号ソロ、村上の13号2ランなどで3点差、さらに青木の右前2点適時打で1点差と迫った。6―8で迎えた8回には中村の左前適時打で再び1点差、9回にも2死満塁としたが、及ばなかった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

6年ぶり巨人戦負け越し…堂林は12年以来、8年ぶりの規定打席到達

6年ぶり巨人戦負け越し…堂林は12年以来、8年ぶりの規定打席到達

公式戦(10月14日、カープ1-6巨人、東京ドーム) 広島は完敗で6年ぶりの巨人戦負け越しとなった。 開幕からローテーションを守っている先発・遠藤は6回途中4失点で5敗目。打線も高橋を攻略できず、会沢 …

2年目20歳の山口、プロ初先発7回2死までノーヒット投球で圧勝!

2年目20歳の山口、プロ初先発7回2死までノーヒット投球で圧勝!

公式戦(5月30日、カープ13-0ヤクルト、神宮球場) 広島の2年目右腕・山口翔投手(20)がヤクルト戦(神宮)でプロ初先発。7回2死までノーヒットノーラン投球を見せる快投を見せ、7回1安打無失点でプ …

松山が自身初の規定打席到達、緒方監督「達成前に抹消しようと…」

松山が自身初の規定打席到達、緒方監督「達成前に抹消しようと…」

公式戦(9月30日、カープ4-5巨人、東京ドーム) 広島は1点リードの9回に守護神中崎が逆転を許して、サヨナラ負け。先発して7回3失点だった大瀬良の16勝目は消え、中崎が今季初黒星を喫した。11連戦を …