カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カブスのアルモラJRが試合中に号泣、打球が観客席の少女を直撃し…

2019年5月30日

カブスのアルモラJRが試合中に号泣、打球が観客席の少女を直撃し…

テキサス州ヒューストンで行われたアストロズ対カブスの一戦で、カブスのアルバート・アルモラJR外野手(25)が試合中に号泣。チームメートのジェイソン・ヘイワード外野手(29)とジョー・マドン監督(65)に慰められるという場面があった。

アルモラJRが膝まづいて泣き始めたのは4回の打席。自身が放ったファウルボールは三塁ダグアウトの上を通過していったが、そのボールが最前列から4列目に座っていた少女を直撃してしまった。

場内は騒然。周囲にいた男性がすぐに少女を抱いて通路へと運んでいったが、これを見たアルモラJRはその場にうずくまって泣き始め、試合は数分間中断となった。

AP通信によれば病院に搬送された少女には意識があるが容体は不明。アルモラJRは立ち上がってプレーを続行したが、ショック状態でこの打席では空振りの三振に終わった。

アストロズの本拠地「ミニッツ・メイド・パーク」にはグラウンドと内野席の間にはネットが張られているが、ビジターチーム側となる三塁ダグアウトの手前で“防御網”が切れている状態。不幸にもその隙間からボールが観客席に飛び込み、少女を直撃する結果となった。

なお試合はナ・リーグ中地区首位のカブスが2―1でア・リーグ西地区首位のアストロズを下して31勝23敗。連敗を3でくい止めた。一方、アストロズは37勝20敗。3連戦だったこのカードのスイープを逃した。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

NPB・斉藤コミッショナー、開幕延期「今の段階ではやむを得ない」

NPB・斉藤コミッショナー、開幕延期「今の段階ではやむを得ない」

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が歴史的タッグを組んで設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会議が9日、都内で行われた。 専門 …

誠也に何が起きているのか、打率が急落…カープOBが指摘した問題点

誠也に何が起きているのか、打率が急落…カープOBが指摘した問題点

プロ野球広島、ロッテ、阪神でプレーした野球解説者の高橋慶彦氏(65)が2022年5月10日にユーチューブチャンネルを更新し、大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手(27)のバッティングを分析した。 下半身の …

「現役ドラフト」に抜け道、巨人が11人を育成選手に…選手会が激怒

「現役ドラフト」に抜け道、巨人が11人を育成選手に…選手会が激怒

日本野球機構は7日、12月9日に行われる「現役ドラフト」の実施方法を発表。出場機会の少ない選手の移籍活性化が目的だが、紆余曲折を経た初の試みを骨抜きにしかねない、一部球団の〝脱法行為〟に選手会が激怒し …