カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

令和元年初日から24試合連続安打、小早川の記録を35年ぶり更新!

2019年6月1日

令和元年初日から24試合連続安打、小早川の記録を35年ぶり更新!

広島の西川龍馬内野手(24)が阪神戦(マツダ)の7回に入った第4打席で左中間二塁打を放ち、5番に座り始めた5月1日の阪神戦(甲子園)から24試合連続安打をマークした。

西川は令和がスタートした5月1日から5番打者に定着(11日のDeNA戦だけ1番)し、その日から連続安打をスタート。

この日も「5番・左翼」で先発出場すると、4―1と3点リードで迎えた7回、2死二、三塁から左中間へ2点適時二塁打を放った。それまでの3打席は凡退。この試合最後の打席になるかもしれない第4打席で、阪神3番手・谷川からファールで粘り、10球目の真ん中低めカットボールを見事に弾き返した。

24試合連続安打は1984年小早川毅彦の23試合を35年ぶりに更新する球団歴代単独3位の快記録。なお、球団記録はプロ野球記録でもある1979年高橋慶彦の33試合、2位は1984年山崎隆造の26試合で、西川は山崎の記録に「あと2」と迫った。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

理想と現実の狭間で…小園は「いままでになかった」と、2軍で不振に

理想と現実の狭間で…小園は「いままでになかった」と、2軍で不振に

不振をスランプと捉えるか、実力と受け止めるか。広島・小園海斗内野手(20)は、現状を潔く認めて精進する。 高卒1年目だった昨季、一時打率3割を超えても、2割台前半にまで落ち込んでも、「調子とかを語れる …

堂林、志願のチーム野間(合同自主トレ)加入、後輩・誠也に打撃学ぶ

堂林、志願のチーム野間(合同自主トレ)加入、後輩・誠也に打撃学ぶ

誠也との初タッグで打撃開眼だ。来季11年目の広島堂林翔太内野手(28)が25日、年明け宮崎県内で鈴木誠也外野手(25)らと行う合同自主トレへの意気込みを語った。ここ数年の停滞感打破のため、自ら動いた。 …

鈴木誠也、『不透明』だからこそ開幕逆算より「今の1日の方が大切」

鈴木誠也、『不透明』だからこそ開幕逆算より「今の1日の方が大切」

開幕が不透明な状況だからこそ、広島鈴木誠也外野手は目の前の課題に集中する。 マツダスタジアムで3日間続いたミニキャンプに参加し、シートノックやフリー打撃、締めくくりのロングティーなど全メニューをこなし …