カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

田中広輔、ようやく打率2割に…もがき苦しんだ2カ月間を『吐露』!

2019年6月6日

田中広輔、ようやく打率2割に…もがき苦しんだ2カ月間を『吐露』!

屈辱の1割台を脱出した。

開幕から打撃低迷にあえいでいる広島の田中広輔(29)。4月には27打席無安打と不振を極めた時期もあった。球場のスターティングメンバーの中で表示される1割台の打率がその深刻さを物語っていた。

しかし、5日の西武戦では4打数3安打5打点の猛打賞。八回にはゲームを決定づける満塁弾を右翼スタンドに叩き込み、この日の試合前に.192だった打率は.203に上がった。

「(調子は)少しずつ良くなってきているので、もっともっとチームに貢献できるように頑張りたい。甘い球は積極的にいこうというのは(きょうの)ミーティングでも話をしていた。でも、まだ安心する数字じゃないですし、打つだけが野球じゃないので」

試合後、そう話した田中は、ここまで4試合連続安打中。チームに貢献できない日々が続いた先月は、変化を恐れることなく試行錯誤を繰り返してきた。試合前練習では連日のように迎打撃コーチがマンツーマンでバットの出し方を指導。打撃フォームの修正に取り組んできたという。

「結果を出せず、いろいろな方が心配してくださった。そのときに言われたことをどんどん取り入れて、指摘された部分は積極的に直しました。何とかしないと、という思いしかなかったので、とにかくいろいろ試しましたね。打撃フォームだったり体重移動だったり、基本的なことが中心。もちろん、変えていったのは開幕してからです。今は『これだ』というものが掴めた部分もあるので、もう変えることはしていません」

コーチの言うことを聞き入れすぎて混乱する選手も少なくないが、田中はすがるような思いで耳を傾けた。

4月12日には定位置となっていた1番を“剥奪”され、7番や8番に降格。それでも、スタメンから外されることはなかった。田中は連続フルイニング出場記録を継続中で、阪神・鳥谷の持つ歴代4位の667試合まであと43試合。この記録への「忖度」ではないかという声も聞こえてくるが、そんな雑音をかき消す復調のきっかけになるか。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

長野、マジか!?三本間をド派手な『転倒』でタッチアウト…先制逃す

長野、マジか!?三本間をド派手な『転倒』でタッチアウト…先制逃す

◆広島―中日(25日・マツダスタジアム) – 広島の長野久義外野手(34)が赤面モノのズッコケで先制機を逸した。 両軍無得点の4回1死、左前安打で出塁したチョーさん。 続くバティスタの左翼 …

大瀬良2冠獲る!初の最多勝&最高勝率へ、7日決意のDeNA戦登板

大瀬良2冠獲る!初の最多勝&最高勝率へ、7日決意のDeNA戦登板

広島・大瀬良大地投手(27)が5日、マツダスタジアムで投手指名練習に参加し、最多勝と最高勝率のタイトルがかかる7日・DeNA戦への決意を示した。ここまで15勝7敗、勝率・682で、巨人・菅野と激しく争 …

鈴木誠也が考える『向上の要素』、自主トレで取り組む『10』の項目

鈴木誠也が考える『向上の要素』、自主トレで取り組む『10』の項目

広島東洋カープの鈴木誠也選手。今シーズンは所属球団での活躍やタイトル獲得はもちろん、東京五輪を戦う野球日本代表で主軸打者の期待もかかる。 勝負の年となる2020年に向け、オフから10項目の向上要素を挙 …