カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

野村が163戦目で初めてトライした『禁断調整』/カープ観測

2019年6月11日

野村が163戦目で初めてトライした『禁断調整』/カープ観測

広島野村祐輔投手(29)が11日、「日本生命セ・パ交流戦」の日本ハム戦で今季4勝目を狙う。札幌ドームでの交流戦は通算2試合に先発し、1勝0敗、防御率0・69。実はそのデータ以上に、勝ち星への手応えをつかんでいる。

根拠は5月28日ヤクルト戦の翌日に行ったブルペンでの投球練習。プロ8年目、163戦目の先発後に初めてトライした行動の意味とは…。16年最多勝右腕の決断に迫った。

5月29日午後4時、神宮。前日のヤクルト戦で4回途中6失点KOされた野村は、キャッチボールの後、奇妙な行動に出た。

三塁側ブルペンに入り、畝投手コーチを相手に顔中に汗を浮かべながら投球練習を繰り返した。本来はロング走中心のメニューを消化する日のはず。登板翌日の「禁断のブルペン入り」だった。

野村は「登板翌日にブルペンに入るのは、プロに入って初めてです」と説明した。つまり、プロ8年目、先発163戦目で初めてということ。1年目の12年から、ブルペンでフォームと状態を確認するのは登板間に1度だけ。登板2日前が原則だった。この後6月2日にも入っており、初めて中6日の登板間に2度ブルペンで投球練習をした。

野村が「禁断のブルペン入り」について「横振りだった腕の振りを縦振りにしました」と説明した。見た目にはわずかな変化かもしれないが「自分の中では思い切って変えたつもり。同じこと繰り返しちゃってるんでね。変えないと」。早期KOが重なり、危機感が募っていた。畝投手コーチは「重心が一塁側にずれていた」と解説する。横振りになるとシュートの変化は大きくなるが、他のボールのキレ、制球は落ちる。上からたたくイメージを覚えようと必死だった。

それを受けての6月4日西武戦は、守りのミスもあり6回で4失点したが「(投球は)よかった。5回以降はもっとよかった。もっと投げたかったくらい」。翌5日はブルペンに入らず「毎回やると疲れちゃう。キャッチボールで調整できました」と話した。禁断の選択から2戦目。いよいよ成果を発揮するときだ。

野村には信念がある。「現状維持は現状維持じゃない。相手も必死に研究してくる。常に進歩しないとプロでは勝てない」。札幌ドームでは過去の交流戦で2戦して1勝0敗、防御率0・69。勝利への確信を胸に、マウンドに上がる。(村野森)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

【菊池涼介ってこういう男(中)】戦力外の同期選手に「名刺入れ」を

【菊池涼介ってこういう男(中)】戦力外の同期選手に「名刺入れ」を

親友3人覆面座談会(中) 6年連続6回目のゴールデングラブ賞に輝いた守備の名手、広島・菊池涼介内野手(28)の素顔を親友3人が明かす第2弾。(構成・山戸英州) A「優勝決定直後の10月2日は、キクにと …

このタイミング…変わらぬ誠也の『変顔』に鯉党ほっこり「元気出た」

このタイミング…変わらぬ誠也の『変顔』に鯉党ほっこり「元気出た」

セ・リーグ3連覇を果たした広島の若き主砲、鈴木誠也外野手(24)が30日夜、自身のブログを更新。得意の”変顔“写真をアップし、落ち込んだり気持ちがささくれだったりしているであろう多くの鯉党に束の間の癒 …

田中広輔、連続試合出場に終止符…監督が「今まで、我慢してくれた」

田中広輔、連続試合出場に終止符…監督が「今まで、我慢してくれた」

広島の田中広輔内野手(29)が2試合連続のスタメン落ち。20日のロッテ戦(マツダ)は途中出場したが、この日は最後まで出番がなく、連続試合出場が「636」で止まった。 2015年4月1日のDeNA戦(横 …