カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

野村が163戦目で初めてトライした『禁断調整』/カープ観測

2019年6月11日

野村が163戦目で初めてトライした『禁断調整』/カープ観測

広島野村祐輔投手(29)が11日、「日本生命セ・パ交流戦」の日本ハム戦で今季4勝目を狙う。札幌ドームでの交流戦は通算2試合に先発し、1勝0敗、防御率0・69。実はそのデータ以上に、勝ち星への手応えをつかんでいる。

根拠は5月28日ヤクルト戦の翌日に行ったブルペンでの投球練習。プロ8年目、163戦目の先発後に初めてトライした行動の意味とは…。16年最多勝右腕の決断に迫った。

5月29日午後4時、神宮。前日のヤクルト戦で4回途中6失点KOされた野村は、キャッチボールの後、奇妙な行動に出た。

三塁側ブルペンに入り、畝投手コーチを相手に顔中に汗を浮かべながら投球練習を繰り返した。本来はロング走中心のメニューを消化する日のはず。登板翌日の「禁断のブルペン入り」だった。

野村は「登板翌日にブルペンに入るのは、プロに入って初めてです」と説明した。つまり、プロ8年目、先発163戦目で初めてということ。1年目の12年から、ブルペンでフォームと状態を確認するのは登板間に1度だけ。登板2日前が原則だった。この後6月2日にも入っており、初めて中6日の登板間に2度ブルペンで投球練習をした。

野村が「禁断のブルペン入り」について「横振りだった腕の振りを縦振りにしました」と説明した。見た目にはわずかな変化かもしれないが「自分の中では思い切って変えたつもり。同じこと繰り返しちゃってるんでね。変えないと」。早期KOが重なり、危機感が募っていた。畝投手コーチは「重心が一塁側にずれていた」と解説する。横振りになるとシュートの変化は大きくなるが、他のボールのキレ、制球は落ちる。上からたたくイメージを覚えようと必死だった。

それを受けての6月4日西武戦は、守りのミスもあり6回で4失点したが「(投球は)よかった。5回以降はもっとよかった。もっと投げたかったくらい」。翌5日はブルペンに入らず「毎回やると疲れちゃう。キャッチボールで調整できました」と話した。禁断の選択から2戦目。いよいよ成果を発揮するときだ。

野村には信念がある。「現状維持は現状維持じゃない。相手も必死に研究してくる。常に進歩しないとプロでは勝てない」。札幌ドームでは過去の交流戦で2戦して1勝0敗、防御率0・69。勝利への確信を胸に、マウンドに上がる。(村野森)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

林晃汰、2戦連続打点!6月、セ単独トップの32安打「毎日、必死」

林晃汰、2戦連続打点!6月、セ単独トップの32安打「毎日、必死」

広島林晃汰内野手(20)が2試合連続で打点を挙げた。 1点を追う6回2死一塁。前打者の坂倉が四球を選んだ直後、中日先発勝野の初球真っすぐを狙った。右中間へ打ち返し、一塁走者を本塁に迎え入れた。 チーム …

5カード連続勝ち越しでも悩ましい…外国人枠はメヒアか救援投手か?

5カード連続勝ち越しでも悩ましい…外国人枠はメヒアか救援投手か?

広島が5カード連続勝ち越しで首位・巨人とのゲーム差を「2」に縮めた。ここ5カード(15試合)で13勝2敗と、怒とうの追い込みを見せている。 2点リードの初回、アレハンドロ・メヒア内野手(26)が3号3 …

達川光男氏が見たカープ野手陣、『注目選手』の仕上がり具合チェック

達川光男氏が見たカープ野手陣、『注目選手』の仕上がり具合チェック

野間峻祥は、100点。慢心なしの心意気よし 不動の三番打者だった丸佳浩が巨人に移籍した今季、カープのオーダーは新たな編成を迫られることになった。そこでここでは、チームの頭脳として黄金時代を支え、監督も …