カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

涙の床田へ先輩からエール続々…天谷「本当に悔しかったのでしょう」

2019年6月15日

涙の床田へ先輩からエール続々…天谷「本当に悔しかったのでしょう」

広島ひと筋に17年間プレーし、昨季限りで現役を引退した野球解説者の天谷宗一郎さん(35)が14日深夜に自身のブログを更新。

同日の楽天戦(楽天生命パーク)で初回に3発、2回に2発と球団タイ記録の1試合5本塁打を浴びて2回途中7失点KOされ、ベンチで悔し涙を流した床田寛樹投手(24)に元チームメートとしてエールを送った。

チームは交流戦突入後4カード連続で初戦を落とし、最大14あった貯金が8に減るなど苦戦が続いているが、

まずは「長いシーズン山あり谷ありです」「今のチームは1つのキッカケで物凄い勢いに乗るチームです。ファンの皆さん選手を信じて応援してあげて下さいね」とメッセージを送った天谷さん。

続いて「床田投手の涙は、性格を知っているだけに意外でした。本当に悔しかったのでしょう」と後輩の涙について触れると

「今日の涙を次の登板、これからの登板にいかしてほしい。床田投手ならできると思います。しっかりと切り替えて次に向けて頑張れとこちゃん!!」とエールを送った。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

引退を決めた赤松の存在、カープ「家族」へ大きな橋渡し役/記者メモ

引退を決めた赤松の存在、カープ「家族」へ大きな橋渡し役/記者メモ

広島の「家族」的な雰囲気は、誰かのために動ける赤松真人外野手(37)の存在が大きかったのかもしれない。 レギュラーから代走、守備固めへと役割が変わっても、代わって中堅手となった7学年下の丸へ助言をいと …

大野豊氏、手術明けの大瀬良に不安要素はゼロ!見えた完全復活の証明

大野豊氏、手術明けの大瀬良に不安要素はゼロ!見えた完全復活の証明

大瀬良は安心させられる内容だった。逆にオーバーペースを心配してしまうくらい、手術後初めての実戦の段階としては、不安な点は何もなかった。 ボールの質、キレ、制球、全てが本来のものに近かった。中でも一番良 …

選手分析/カープ背番号18・森下暢仁「真っ向勝負の黄金ルーキー」

選手分析/カープ背番号18・森下暢仁「真っ向勝負の黄金ルーキー」

大学No.1投手 “大学No.1投手”の称号はだてではなかった。昨年のドラフト1位で広島に入団した森下暢仁。1年目から開幕ローテーション入りを果たすと、シーズンを通して安定した投球を続け、リーグ2位の …