カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

2019年6月17日

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

28歳の誓い。広島大瀬良大地投手(28)が年を1つ重ね、自覚を新たにした。

初めて開幕投手を務めた今季は、大黒柱としてチームを勝利に導いてきた。防御率、完投数はいずれもリーグトップ。エースと呼ばれるまでの成長を見せるが、右腕はさらなる高みを見つめる。課題の立ち上がり克服に努め、エースの系譜にその名を刻む。

節目の年齢を迎えても、大瀬良は変わらない。後輩ばかりの先発投手の練習を終えると、額の汗を拭いながら自覚を口にした。「二十歳の頃のようなワクワク感はないですけど、もっともっと下を引っ張っていきたいなと思います」と胸を張った。

28歳は歴代エースの節目の年齢ともいえる。黒田氏は初の開幕投手を務め、初の200イニングを達成。前田(ドジャース)は米大リーグ移籍1年目で16勝をマークした。大瀬良も今季初の開幕投手を務め、チームトップタイの6勝。防御率2・02、4完投はいずれもリーグトップの数字を残す。周囲にエースと認められる存在となった。

それでも、本人に満足感はない。5月以降の7試合中、4試合で序盤3回までに失点するなど立ち上がりに課題を残す。「そこ(立ち上がり)さえできれば、もっといい形でゲームを進められたんじゃないかなって思います。そういうタラレバを次に生かすのも大事」。真のエースを目指し、さらなる高みを見つめる。

課題克服のため、キャッチボールの意識を変えた。立ち上がりの投球改善へ、体を大きく使ったウオームアップの意識ではなく、実戦に近い形で投げるようにした。「この1週間はしっかりしたフォームで、ある程度の力でリリースポイントや体の使い方を意識して準備してきた」。

次回登板は19日ロッテ戦。昨年は4回に4失点しながら勝ち投手となった。今季は課題の立ち上がりを乗り切り、リーグトップタイの7勝目を狙う。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

正遊撃手は田中広輔か小園海斗か、森下暢仁の加入でローテ争いも熾烈

正遊撃手は田中広輔か小園海斗か、森下暢仁の加入でローテ争いも熾烈

ドラフト1位・2位で大学生の即戦力候補を獲得 昨シーズンの広島は、球団史上初となる4連覇を目指したものの優勝を逃し4位に沈んだ。その責任を取る形で緒方孝市監督が辞任し、佐々岡真司監督があらたに就任して …

中崎が右膝半月板を手術…今季は本調子とはいかず、36試合の登板

中崎が右膝半月板を手術…今季は本調子とはいかず、36試合の登板

広島は7日、中崎翔太投手(27)が6日に広島市内の病院で「右膝半月板部分切除手術」を行ったことを発表した。 守護神に定着した15年から4年連続で50試合以上に登板し、ブルペンを支えてきた右腕。しかし、 …

坂倉、チーム・内川の自主トレに初参加!ハタチの誓いは「1軍帯同」

坂倉、チーム・内川の自主トレに初参加!ハタチの誓いは「1軍帯同」

広島・坂倉将吾捕手(20)が17日、宮崎・日向市のお倉ケ浜球場で自主トレを公開。ソフトバンク・内川率いる「チーム内川」に初めて参加し、チームメートの鈴木らと汗を流した。 内川の打撃技術を盗もうと、鈴木 …