カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

北別府氏、中崎を心配「打たれる前も表情に覇気がなく、打たれても…」

2019年6月19日

北別府氏、中崎を心配「打たれる前も表情に覇気がなく、打たれても…」

広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が19日、自身のブログを更新。守護神として球団初のリーグ3連覇に貢献した後輩の中崎翔太投手(25)の状態を慮った。

「心配」のタイトルでブログを更新。「打たれる前も表情に覇気がなく案じながらの観戦でした。そして中崎投手が打たれても全く悔しそうな表情が無かったこと。為すすべがないと言ったところでしょうが昨夜からモヤモヤが消えません」と短くつづった。

絶対的守護神として昨季まで3年連続で胴上げ投手となった中崎だが、今季はリリーフ失敗が続き、今月から中継ぎに配置転換。

前日18日のロッテ戦(マツダ)では異例のイニングまたぎで9回、10回を無失点に抑えた新守護神・フランスアの後を受け、2―2で迎えた延長11回に登板したが、3本の二塁打を含む4安打を浴びて4失点と炎上。敗戦投手となっていた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

ドラフト1位・森下暢仁は本当に「良い」?エース・大瀬良の答えは…

ドラフト1位・森下暢仁は本当に「良い」?エース・大瀬良の答えは…

記者の習性だろうか、「良い」という評判を聞くと、悪いところを探そうとしてしまう。ただ、今のところ、広島のドラフト1位森下暢仁の欠点を見つけられていない。 ゆったりと左足を上げるシンプルなフォームには無 …

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

令和のいま、あえて個性豊かな「昭和プロ野球人」の過去のインタビュー素材を発掘し、その真髄に迫るシリーズ。14人目は、沖縄出身者として初めてプロ野球選手となり、通算119勝、防御率タイトルも獲得するなど …

沢村賞の才能を秘める岡田明丈、異常に低い被打率を誇る球質とは?!

沢村賞の才能を秘める岡田明丈、異常に低い被打率を誇る球質とは?!

人は未完成なものに、どこか魅力を感じる。この先が気になってしまう……と引き付けられる要因を「ツァイガルニク効果」と呼ぶらしい。 プロスポーツの世界でも完成された選手のパフォーマンスに胸を躍らせながら、 …