カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

床田、20日ロッテ戦で背水先発「次もダメなら、さすがに落ちる」

2019年6月20日

床田、20日ロッテ戦で背水先発「次もダメなら、さすがに落ちる」

広島は18日から本拠地マツダスタジアムでロッテ、オリックスと6連戦。17日の指名練習に参加した床田寛樹投手(24)が1軍生き残りを誓った。前回14日の楽天戦で2回途中7失点KOされ、先発が濃厚な20日のロッテ戦で背水の陣を敷く。交流戦はここまで3勝7敗1分で残り7試合。地の利を生かし、チームとしてもセ・リーグ王者の意地を見せたい。

午前11時に始まった本拠地での投手指名練習。床田は、大瀬良や九里、山口、アドゥワとともに汗を流した。キャッチボールやダッシュを終えると、室内のブルペンに直行して約30球の投球練習。3日前の悪夢を振り払おうと懸命だった。

「疲れを取るというか、治療も増やし、いろいろ試しています。アレだけ打たれたことはなかったので、次にちゃんと投げられるかどうか…が大事」

敵地で先発した14日の楽天戦。立ち上がりからボールが走らず、球団ワーストタイの5本塁打を被弾した。結果、プロ入り最短の2回途中7失点KO。ベンチへ引き揚げる際には、あまりの悔しさと自分へのイラ立ちに涙が止まらなかった。

「野球で泣いたのは初めて。めちゃくちゃ悔しかった。野手の人にも申し訳ない。自分が情けなかったです」

なぜ炎上したのか。映像を見直すと、投球フォームの乱れに気付いた。右足の着地から投球までの間合いが早く、上半身だけで突っ立って投げていた。ベテランの石原には「こういう日もある。次にどう生かすか、いろんな人に聞いてみろ」と助言されたと言う。

苦境脱出への工夫は施している。「股関節周りが硬くなっていると言われた」。もともと硬いタイプ。治療を増やしたのはそのためだ。同時にフォーム修正には遠投を取り入れた。「助走をつけ、強い球で遠距離を投げる練習をやっています」

前回登板時の球数が42球と少なく、次回先発は中5日で20日のロッテ戦と見られる。左腕にとってはまさに背水の陣。意気込みにも自然に力がこもる。

「次もダメなら、さすがに落ちると思う。気持ちを切り替えて投げられるかどうか。相手どうこうより、自分の投球をしたいです」

先発ローテーションを初めて担い、見えない疲労とも戦う左腕。苦しんだ経験はこの先にきっと生きる。試練を乗り越えたい。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

ヤクルトが狙って打てない…高卒2年目・山口、『キレ』のある直球!

ヤクルトが狙って打てない…高卒2年目・山口、『キレ』のある直球!

ヤクルトが高卒2年目でプロ入り初先発の広島・山口に対し、7回でわずか1安打に抑え込まれた。連敗中でチーム状態が悪いとはいえ、目を覆いたくなるような“やられっぷり”。 序盤から得点差もあり、出塁したのは …

交流戦カード頭3連敗…初回KOの野村2軍降格、野間も「1番」剥奪

交流戦カード頭3連敗…初回KOの野村2軍降格、野間も「1番」剥奪

広島は先発・野村祐輔投手(29)の初回5失点が響き、終盤の追い上げも実らず競り負けた。交流戦は3カード連続でカード初戦で黒星スタートとなった。 プロ最短の1回5失点KOを喫した野村は、1軍登録抹消が決 …

誠也、24日にもスタメン復帰!右足首骨折した因縁の地で有言実行弾

誠也、24日にもスタメン復帰!右足首骨折した因縁の地で有言実行弾

広島・鈴木誠也外野手(23)が早ければ24日・DeNA戦で先発復帰する可能性が23日、浮上した。高信二ヘッドコーチ(51)が3連戦中のスタメンについて「ないことはない」と説明。右足首を骨折した昨年8月 …