カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

4度目の交流戦最下位が確定…24日のラスト楽天戦から巻き返し狙う

2019年6月24日

4度目の交流戦最下位が確定…24日のラスト楽天戦から巻き返し狙う

広島が延長10回に9失点という衝撃的な展開で3連敗となり、1試合を残し4度目の交流戦最下位が確定した。

「日本生命セ・パ交流戦」のオリックス戦で、菊池保、藤井皓の2投手が1イニングで三塁打4本、二塁打3本を浴びる大乱調。その裏3点を返したが、ダメージが大きすぎた。交流戦最下位チームがリーグ優勝した例はないが、リーグ首位巨人とは1・5ゲーム差の2位。24日のラスト交流戦、楽天戦を巻き返しのきっかけにする。

菊池保が振り返った視線の先、大飛球が左翼フェンスに直撃した。2者が悠々とかえってくる。0-0の延長10回。2死二、三塁から飛びだした大城の2点二塁打から、悪夢の波状攻撃が始まった。さらに三塁打2本、二塁打1本を浴び、菊池保はKO。代わった藤井皓も打ち込まれ、この回だけで4三塁打、3二塁打のめった打ち。その裏3点を返したが、ダメージが大きすぎ、3連敗となった。

1試合を残し、交流戦最下位が確定した。14年以来、5年ぶり4度目の屈辱だ。交流戦最下位のチームがリーグ優勝した例はない。緒方監督は「最後、ちょっとこんな点差になってしまって…。ファンも最後まで応援してもらって、最後まで意地を見せて攻撃してくれたけど、この3連戦、本当にいい采配ができなかった」と自らを責めた。最下位確定については「そういう結果、内容」と語った。

ジェットコースターのようなシーズンを送っている。開幕直後は投・攻・守とも精彩を欠き、首位と7ゲーム差の最下位にまで落ち込んだ。そこから記録的な巻き返しで首位に躍り出て、2位とのゲーム差を「5」まで広げた。ところが交流戦で大失速。4勝12敗1分けの勝率2割5分に加え、打率2割1分9厘、57得点も12球団ワースト。防御率4・07も7位と、開幕直後の状況に逆戻りしている。

チームは24日、未消化の楽天戦に臨む。緒方監督は「明日また、移動してゲームがある。最後、勝って終われるよう全力でがんばるだけです」と言葉を絞りだした。1/3回で3失点の藤井皓は2軍落ちが決まったが、現有戦力で乗り切るしかない。屈辱の交流戦となったが、リーグ首位巨人とは1・5ゲーム差。巻き返しに向け、まずは楽天戦に全力を注ぐ。(村野森)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

大瀬良、マエケンのYouTubeに!沢村賞達成の場合は「公約」も

大瀬良、マエケンのYouTubeに!沢村賞達成の場合は「公約」も

6月18日、ミネソタ・ツインズの前田健太投手が自身のYouTubeチャンネルを更新し、広島東洋カープの後輩・大瀬良大地投手とビデオ通話した様子を公開した。 開幕投手を務める大瀬良投手に前田投手は、今シ …

元カープ・梵が『引退』記者会見…CS初進出に「関われたのは財産」

元カープ・梵が『引退』記者会見…CS初進出に「関われたのは財産」

2017年まで広島でプレーし、社会人野球のエイジェックで選手兼コーチを務めていた梵英心氏(39)が28日、東京都内で引退の記者会見を開き「たくさんの恩師と仲間に出会ってここまでプレーできた」と感謝を述 …

なぜ…実力十分ながら、中学時代は2ケタの背番号だった『鈴木誠也』

なぜ…実力十分ながら、中学時代は2ケタの背番号だった『鈴木誠也』

昨年は首位打者&最高出塁率の鈴木誠也 広島東洋カープ、そして侍ジャパンの4番もすっかり板についた鈴木誠也は小~中学生時代、地元の荒川リトルシニアでプレーしている。 入団当時から体も大きく、技術 …