カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

交流戦では明暗だが…ソフトB内川が『弟子』カープ誠也に脱帽のワケ

2019年6月26日

交流戦では明暗だが…ソフトB内川が『弟子』カープ誠也に脱帽のワケ

「あいつはすごいから」

ソフトバンクの内川聖一(36)がこう言う。広島の鈴木誠也(24)のことである。

昨年の日本シリーズを戦った両チームは、交流戦で明暗が分かれた。故障者が続出しながら、若手や伏兵の活躍で2年ぶりの交流戦優勝となったソフトバンク。一方、5年ぶりの最下位に沈んだのは広島。過去に交流戦最下位でリーグ優勝した例はなく、苦戦を強いられたシーズン序盤同様、「V率0%」という数字が再び取り沙汰されている。

苦戦の一因は交流戦で打率.250、得点圏打率.154と不調をかこった4番・鈴木に求められているが、内川は心配無用だという。

2人は師弟関係にある。きっかけは2016年オフ、鈴木が弟子入りを熱望。今年の交流戦では軽めに会話を交わしただけだったというが、鈴木が迷ったときは連絡する仲だ。

年齢はひと回り違うが、「4番デビュー」は鈴木のほうが圧倒的に早かった。それを生かすべき、と師匠は言う。

「早いうちに経験するというのは、そのあとの野球人生を考えると絶対に良いことだと思う。僕が4番を打ったのは33(歳)とか34(歳)なので、その年になって初めて4番って大変なんだなと思った。それを早いうちに経験できているというのはすごく大切なこと。やっていけばやっていくだけ、いろんな環境や難しいことが出てくるはず。自分が将来、教える立場になったときにも役立つと思う。いろんな経験をしてほしい」

「自分の技術に置き換えている」

若いからこそ吸収も早いが、精神面では若さゆえにメンタルコントロールに苦しみ、不振に陥る打者もいる。しかし、師匠は太鼓判を押す。

「あいつね、意外とそういうのはきちんとできるんだよね。処理の仕方はそれぞれ。我慢したり、わーっと発散したり、自分なりのやり方を見つけられている。あいつはすごいからね。年々、持っているものを使う方法がうまくなっている。僕自身の感覚を伝えることは簡単だし、やろうとしてくれるのはうれしいことなのかもしれないけど、最後に自分のものとして感覚を掴まないと成績は出てこないので、『ハイハイ、そうですね、分かりました』と聞いているうちは結果が出ない。でも、きちんと自分の技術に置き換えられているからね。あいつはやばいよ」

昨季の日本シリーズでは打率.455、3本塁打と、成績では鈴木に軍配が上がった師弟対決。今季は実現するか。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

巨人以外で、3連覇達成はカープだけ…佐々岡監督は覇権奪回なるか!

巨人以外で、3連覇達成はカープだけ…佐々岡監督は覇権奪回なるか!

プロ野球の連覇の記録 広島は2016年から18年まで、リーグ3連覇を果たしたが、1950年に2リーグ制となって以来、セ・リーグで連覇を果たしたケースは10度ある。しかし巨人以外で3連覇を達成したのは広 …

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

早過ぎる死からちょうど25年が経った。1993年7月20日、32歳の若さでこの世を去った津田恒実。いつも魂を込めて投げ、マウンドでは鬼の形相を浮かべて広島の勝利に貢献した。“炎のストッパー”と呼ばれた …

緒方監督、父への思いが『V3』の原動力だった…担当記者が振り返る

緒方監督、父への思いが『V3』の原動力だった…担当記者が振り返る

ソフトバンクとの日本シリーズに敗れ、34年ぶりの日本一には届かなかった広島。緒方監督が生まれ育った佐賀・鳥栖市では、父・義雄さん(83)が自宅で吉報を待ち望んでいた。 球場で観戦したのは2009年の引 …