カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

奇数月は鯉の季節!大瀬良が、リーグ戦再開DeNA戦で新球種使う?

2019年6月27日

奇数月は鯉の季節!大瀬良が、リーグ戦再開DeNA戦で新球種使う?

鯉のエースが“ジェットコースター・カープ”を上昇気流へと導く。広島の大瀬良大地投手(28)が26日、マツダスタジアムで調整。ジョンソン、床田、アドゥワとともにキャッチボールなどをこなした。

リーグ戦が再開する28日のDeNA戦(横浜)での先発が濃厚な右腕は、19日のロッテ戦(マツダ)以来、中8日の登板に向けて「ランニングやウェートトレで、普段の中5、6日ではやらないような高強度のものを取り入れた」と説明。公式戦中断期間を有効利用し、パワーアップに励んだ。

今季の広島は奇数月は絶好調、偶数月は絶不調と、ジェットコースターのように乱高下している。3月はオープン戦で12球団1位。しかし4月は球団史上初の開幕5カード連続負け越しなどでスタートからつまずいき、最大借金8の最下位に沈んだ。

一転、5月は球団記録の月間20勝でV字回復して最大貯金14の首位。なのに6月の交流戦は楽天以外のパ5球団に負け越して首位から陥落した。

それだけに7月を目前にしたリーグ戦“再開幕戦”が重要になる。大瀬良は「大事なところ。責任を持って、いい形でチームが戦えていける投球、マウンドでの姿を見せたい。どんな状況であれチームが勝てるように頑張りたい」と言い切った。

DeNA戦は今季2試合に登板して0勝1敗。通算でも4勝8敗とやや苦手な相手への対策なのか、練習中は持ち球ではないチェンジアップの握りで繰り返し投球した。

見守った沢崎3軍投手コーチからリリースのコツなどを伝授される本格的なものだったが「チェンジアップですか?遊びですよ。まだ温めといて、という段階です」とニヤリ。まずは正攻法でDeNA打線を封じる。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

床田寛樹1軍合流、2軍戦で力投続け再昇格!29日阪神戦先発見込み

床田寛樹1軍合流、2軍戦で力投続け再昇格!29日阪神戦先発見込み

広島床田寛樹投手(26)が、1軍に合流した。阪神戦前の練習に姿をみせた。 今季開幕ローテーションに名を連ねるも、8試合に先発し、1勝2敗、防御率3・98と振るわず、6月4日に出場選手登録を抹消された。 …

鈴木誠也が、打撃の進化論について語る「野球を仕事と思っていない」

鈴木誠也が、打撃の進化論について語る「野球を仕事と思っていない」

広島鈴木誠也外野手(26)が日刊スポーツの独占インタビューに応じ、打撃の「進化論」を語った。 広島だけでなく、侍ジャパンでも確固たる地位を築いているスラッガーは今春、大胆な打撃フォーム改造に取り組む。 …

週末の先発陣は姿見せず…中村祐ら昇格と、隔離明けの森下ら復帰検討

週末の先発陣は姿見せず…中村祐ら昇格と、隔離明けの森下ら復帰検討

広島先発投手陣の練習に週末の楽天3連戦に投げる選手は姿を見せなかった。参加したのは1日からの日本ハム3連戦に登板する大瀬良大地、野村祐輔、床田寛樹の3投手のみ。 5月30日の試合後、横山投手コーチは週 …