カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井さんの教えで、今永に勝つ!誠也「四球でも、とにかく塁にでる」

2019年6月28日

新井さんの教えで、今永に勝つ!誠也「四球でも、とにかく塁にでる」

交流戦を終えたプロ野球は28日にセ、パの4試合でリーグ戦が再開する。セ・リーグ4連覇を目指す2位の広島はDeNA戦(横浜)に向け、横浜スタジアムで約2時間の全体練習。交流戦は最下位に終わったが、4番の鈴木誠也外野手(24)は志願の特打を敢行し、“新井流”で再出発を誓った。

交流戦最下位という屈辱を味わった赤ヘル逆襲の合言葉は「凡事徹底」だ。4番の鈴木が、昨季終了後に現役を引退した新井貴浩氏(42)=野球解説者=の精神を胸に、チームを立て直す。

「5月あれだけ勝ったので、その反動はくるものだと思う。相手はプロのチームなので、ミスをすれば負ける。(浮上へ重要なのは)我慢と粘り強さ。個人、個人がミスを減らすことが勝ちにつながると思う」

苦しいときこそ、当たり前のことを大事にしていこう-。それが新井氏が口酸っぱく言ってきた「凡事徹底」だ。チームはまさに今、2度目の危機に直面している。

開幕直後にスタートダッシュに失敗。5月に球団新の20勝で一気にセ・リーグ首位に立ったが、交流戦で大失速した。打線は12球団ワーストの打率・216と低迷。自身も・238と苦しみ、2014年以来の最下位に転落した。首位巨人と1ゲーム差の2位から、交流戦最下位球団に優勝はないというジンクスに、立ち向かう。

大事な“再開幕戦”となるが、相手は難敵の今永だ。今季3試合で2勝を献上(0敗)し、対戦防御率は0・78。鈴木も6打数1安打と封じられているが「今永さんだけではなく、DeNAは良い投手が多い。打てなくても、次の塁を狙ったり、四球でもとにかく塁にでる」と、チーム一丸を強調した。

この日は屋外での全体練習後に室内で居残り特打も敢行。約30分間打ち込み「休みで暇だった。体を動かそうと思っただけ」とジョークを飛ばしながら、今永撃ちへ闘志をほとばしらせた。

「(交流戦最下位は)気にしていないし、チームの雰囲気も悪くない。良い勉強になったと思ってやるしかない」

リーグ4連覇へ。新井氏のフォア・ザ・チーム精神を継承し、カープの先頭に立つ。

(※引用元 サンケイスポーツ

関連記事

床田、ジョンソンと左腕先発2本柱!開幕ローテ「それは僕がつかむ」

床田、ジョンソンと左腕先発2本柱!開幕ローテ「それは僕がつかむ」

広島・床田寛樹投手(23)は、ジョンソンと先発左腕の2本柱結成を見据えた。昨年7月の左肘のトミー・ジョン手術から支えてくれた球団への感謝を伝える覚悟を示したもの。患部の経過も順調で、手術前よりも直球、 …

フランスア、パパと慕う菊地原3軍コーチ超える!球団・月間登板記録

フランスア、パパと慕う菊地原3軍コーチ超える!球団・月間登板記録

広島のヘロニモ・フランスア投手(24)が27日、球団の月間登板記録に意欲を示した。8月はここまで15試合に登板。菊地原、中崎、今村らが記録した球団記録の月間16試合登板まであと「1」と迫っている。今月 …

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

28歳の誓い。広島大瀬良大地投手(28)が年を1つ重ね、自覚を新たにした。 初めて開幕投手を務めた今季は、大黒柱としてチームを勝利に導いてきた。防御率、完投数はいずれもリーグトップ。エースと呼ばれるま …