カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

4番の重圧は全否定も…カープ・鈴木誠也が打撃低迷の『胸中』を激白

2019年7月3日

4番の重圧は全否定も…カープ・鈴木誠也が打撃低迷の『胸中』を激白

交流戦が終わっても苦戦の続く広島。昨季まで他球団をビビらせた打線が沈黙。中でも深刻なのが主砲の鈴木誠也(24)だ。

交流戦では打率.238、本塁打3。鈴木は自身の現状について「今はとことん悪い。悪いところは分かっているけど、それを(直した状態で)試合で出すのが難しいので、こういう結果になっている」と不調を認めた上で、こう続けた。

「ダメなところが見つかっても直すのが簡単じゃない。前はこうやれば直ったけど、今はそれじゃあ直らないとかもあったし、今に合った直し方を早く見つけてやらないといけない」

焦りも見えるが、4番というポジションからくる重圧とは無関係だという。

「精神的に追い詰められてとか、4番の重圧で打てないというのはまったくない。確かにチームが勝てていないのは僕が、チャンスで回ってくる場面でそれを潰しているから。得点圏で一本出ない苦しさはあるけど、プレッシャーで潰れるというのは1年目くらい。今は『最悪な状態』ではない。最悪なのは手も出ない、スイングができない、ストライクとボールの見極めもできない状態。最近、そういうことはないし、そうなりかけた時の直し方は分かっているんですけど……」(鈴木)

迎打撃コーチも悩める主砲を案じている。

「正直、ここ数試合というより、交流戦が始まる前、1カ月単位くらいであまり良くないと本人も感じていたので、開幕直後の打っていた時と見比べながら。ザクッといえば、トップ、腕の位置ですね。良い時の誠也は足を上げたタイミングできっちりトップに入るんですけど、ここ1カ月はトップに入り切らずに左足を下ろしていくタイミングでトップに入ろうという動きがあった。もともと能力が高いから修正能力もあるし、技術も持っているので、(問題点を)探したり見つけたりするのが大変な選手でもあるんです。ちょうど昨日(29日の試合が)、終わったタイミングでビデオを見ながらチェックしたところなので、きょう、違った形が出ればいいかなと」

30日のDeNA戦は5打数2安打。連続打席無安打は13でストップした。あるいは、きっかけを掴んだのかどうか。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

5カード連続勝ち越しでも悩ましい…外国人枠はメヒアか救援投手か?

5カード連続勝ち越しでも悩ましい…外国人枠はメヒアか救援投手か?

広島が5カード連続勝ち越しで首位・巨人とのゲーム差を「2」に縮めた。ここ5カード(15試合)で13勝2敗と、怒とうの追い込みを見せている。 2点リードの初回、アレハンドロ・メヒア内野手(26)が3号3 …

永川勝浩、『引退』スピーチで男泣き「すべての皆さまに感謝します」

永川勝浩、『引退』スピーチで男泣き「すべての皆さまに感謝します」

球団最多の通算165セーブを挙げ、今季限りでの現役引退を6日に表明した広島の元守護神・永川勝浩投手(38)が23日の中日戦(マツダ)で先発登板。大島をオール直球勝負で一ゴロに打ち取って降板し、17年間 …

誠也、衝撃の過去発覚!美少年ぶりに「親はジャ○○ズに入れようと」

誠也、衝撃の過去発覚!美少年ぶりに「親はジャ○○ズに入れようと」

セ・リーグ4連覇を目指す広島の若き主砲、鈴木誠也外野手(24)が22日、自身のブログを更新。美少年だった小学生時代の衝撃の?事実が明かされた。 鈴木はまず、昨年の日本シリーズを戦ったソフトバンクの内川 …