カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也の不調とともに、チーム成績も急降下…担当記者が見た打開策

2019年7月5日

鈴木誠也の不調とともに、チーム成績も急降下…担当記者が見た打開策

2位の広島が今季ワーストタイの5連敗(1引き分けを挟む)で本拠地マツダでは4年ぶりの6連敗を喫した。最大14あった貯金は1に。昨季までの3連覇を支えた「本拠地での無類の強さ」や「お家芸の逆転劇」が鳴りを潜めている。赤ヘルは現状を打破できるのか。広島担当の田中昌宏記者が見た。

4点ビハインドから1点を返し、なお1死満塁の3回。しかし、鈴木は三ゴロ併殺打に倒れ、唇をかんだ。本拠地の熱狂的な応援もむなしく、4回以降はゼロ行進。マツダでの6連敗は昨季までの3連覇中、一度もなかった異常事態だ。今季14度目の逆転負けを食らい、逆転勝ちの数と同じとなった。

16~18年に逆転勝ちが45、41、41度で、いずれもリーグ最多だった“逆転の鯉”の面影はない。

良くも悪くも今季の広島は、“チーム誠也”になっている。4月前半の不調と後半の盛り返し。5月の球団最多月間20勝。6月以降の急降下。鈴木とチームの成績が別掲のようにリンクする。現状も7試合連続で打点なし。「得点圏で打てなかったら自分が得点圏に進まないと」。

6回2死から左前の当たりで二塁を陥れるなど二塁打を2本放ったが、やはり主砲のバットで点を取らないと勝てない。

丸の抜けた今季、他の主軸打者の成績が落ちると鈴木にマークが集中し、次いで鈴木自身の調子が落ちることが多い。「いい時ばかりじゃない。いい勉強だと思って1試合1試合無駄にしないようにしたい」。昨季は本拠で45勝25敗2分けと貯金20を荒稼ぎしたが、今季は20勝19敗1分けと地の利を生かせていない。

マツダは連日の満員御礼が続くが、最近は年間シートを中心に空席も目立つ。王者の輝きを取り戻すには、主砲が打ちまくるしかないのが現状だ。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

誰もが認める西川龍馬の天才的打撃力、カープの外野手争いが面白い!

誰もが認める西川龍馬の天才的打撃力、カープの外野手争いが面白い!

広島の“新しい外野手”がチーム内競争を刺激している。巨人から丸佳浩の人的補償により新加入した長野久義だけではない。昨年まで三塁を主戦場とし、今季も内野手登録の西川龍馬もまた、広島に加わった“新しい外野 …

V4へ、長野獲得で得る『財産』…生きた教材で、投手陣にも好影響?

V4へ、長野獲得で得る『財産』…生きた教材で、投手陣にも好影響?

人的補償で巨人から広島へ、対戦した印象や相対した打者にしか分からない癖も? 巨人にFA移籍した丸佳浩外野手の人的補償として広島へ移籍する長野久義外野手。 7日の発表から数日が経ったが、過去にドラフトで …

NPBには3組…減りつつある兄弟選手、期待がかかる田中広輔&俊太

NPBには3組…減りつつある兄弟選手、期待がかかる田中広輔&俊太

昨季は6組の兄弟選手がいたが、今季は激減 7月6日の巨人対広島戦(東京ドーム)で、巨人の田中俊太内野手は「2番・二塁」で先発出場し、3打数無安打に終わった。その4歳上の兄で広島の田中広輔は「1番・遊撃 …