カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

今季も観客動員数は好調だが…マツダスタジアムの『神通力』は消えた

2019年7月5日

今季も観客動員数は好調だが…マツダスタジアムの『神通力』は消えた

大本命がまさかの苦戦だ。昨年、球団初のリーグ3連覇を達成し、今季も優勝候補の筆頭格に挙げられていた広島が、6月終了時点で首位の巨人に3ゲーム差の2位に甘んじている。

今季の広島は、2年連続セ・リーグMVPの丸佳浩が巨人にFA移籍し、精神的支柱だった新井貴浩の現役引退もあり、戦力低下を心配する声もあった。それでも開幕直後の出遅れから、5月は20勝4敗1分と驚異的な勝率で首位に立ち、そのまま独走態勢に入ると思われた。しかし、チームが苦手としている交流戦で12球団最下位となる5勝12敗1分と大失速。リーグ戦でも2位に転落と、昨年までとは異なる展開となっている。

丸不在による得点力の低下や、野村祐輔など先発陣の不振などが苦戦の要因として挙げられるが、データ的に昨年までと大きく違うのが、ホームゲームでの勝率だ。

リーグ3連覇中、広島のホームゲームの成績は、

2016年 51勝20敗1分(勝率.718)
2017年 50勝20敗1分(勝率.714)
2018年 45勝25敗2分(勝率.643)

だったのに対して、今季は6月30日現在で

2019年 20勝16敗1分(勝率.556)

と、大きく数字を落としている。惨敗した交流戦でも、地元での6連戦で1勝5敗と、近年には見られなかった結果が目に付く。

「マツダスタジアムには魔物が住んでいる」

相手チームからこんな声が上がるほど、そのホームアドバンテージは絶大だった。360度、真っ赤に染まったスタンドからのカープファンの声援は、相手にとって大きなプレッシャーとなっていた。リーグ優勝の最大のライバルとなるはずの巨人が2017年8月から2018年8月まで、マツダスタジアムで13連敗を喫したのがその象徴と言える。

昨季は82勝中42勝が逆転勝ちで、リーグ3連覇中はいずれも40回以上の逆転勝利を記録し、「逆転の広島」と呼ばれた要因も、この球場の雰囲気によるところが大きい。連日超満員のスタンドが、選手のモチベーションとなっており、試合途中までリードされた展開でも、逆転を信じて最後まで応援を続けるファンの熱意が勝敗を左右した。

今季も観客動員は好調で、3連覇中と変わらぬ盛況を見せているが、肝心の試合の方では、昨年まで何度も見られた奇跡的な逆転劇がほとんど見られなくなっている。それどころか、今季は大量リードされた試合では、球場名物となっているジェット風船を飛ばした7回裏の攻撃が終了すると、勝利を諦めて家路に着くファンも見られるようになった。

神通力を失いつつあるマツダスタジアムで、近年は様々な問題が起こっている。マツダスタジアムの試合は、現在では12球団でも最も手に入れにくいプラチナチケットだ。

球団史上初のリーグ3連覇とチームが好調なこともあり、年間の観客動員数は、

2016年 2,157,331人
2017年 2,177,554人
2018年 2,232,100人

と右肩上がりで、球団経営も順風満帆といったところだが、その裏側では数々の問題点も出ている。

近年、話題になっているのが、度を越したチケット争奪戦だ。開幕前に一斉販売されるチケットを求めて、昨年は先着順で手に入る整理券目当ての2000人以上がマツダスタジアム周辺にテント村を作り、周辺住民などから苦情が出た。今年は「チケットを購入するために必要な整理券を獲得するための抽選券」を配布する新方式を導入したが、配布当日に球団の予想を大きく上回る5万人以上の人が球場に殺到。近くの踏切では人が溢れてJRからの抗議や警察からの指導が入る事態となり、周辺道路や高速道路の大渋滞も引き起こすなど、大混乱でその異常事態は全国ニュースでも放送された。

チケット販売でも、1人5試合までと制限している反面、枚数や金額の上限を設定していないため、転売目当てと思われる輩が窓口で札束を取り出し、長時間をかけて大量購入する姿も目撃されている。大量購入されたチケットは、インターネットや金券ショップなどで高額転売され、気軽に野球を楽しみたいファンの足は遠のくことになった。

ビジターファンを冷遇した呪いか?

もうひとつ、マツダスタジアムで近年、少なからず問題になっているのが、ビジターパフォーマンス席のあり方だ。マツダスタジアムの観客席では、いわゆる鳴り物を使用する応援団は、スタンド上段の限られたスペースにしか入ることができない。パフォーマンスシートと呼ばれるそのエリアは、ライト上段がカープサイドで、三塁側上段が相手チームサイドとなり、そのエリアはビジターパフォーマンスシートと呼ばれる。

そのビジターパフォーマンスシート、通称「ビジパフォ」と呼ばれるエリアで最初の事件が起こったのが2015年。球団は5月のDeNA戦で、東京発の新幹線と観戦チケットをセットで販売し、遠方のカープファンを球場に招くイベントを開催した。その際の指定席として使用されたのがビジパフォのエリアで、当初は全席カープファンで埋める予定が、行き場を無くしたDeNAファンから苦情を受け、ビジタ―チーム用のエリアとして300席のみを販売した経緯があった。

この騒動を一部メディアが「ビジパフォの呪い」と名付け、半ば都市伝説のように語られている。さらに2018年からはこのエリアは、巨人、阪神戦を除いて半分に分割された。スタンドの半分がカープサイドに解放され、通路ひとつを挟んだ両サイドの境目では、両チームのファンによるいざこざも少なからず起こっている。

この「ビジパフォの呪い」。近年ではつまらない都市伝説と笑えない状況となっている。リーグ2連覇を達成した2017年には、8月の横浜スタジアムで3試合連続サヨナラ負けを喫するなど、DeNAにはセの球団では唯一の負け越しで完全優勝を逃した。さらに、クライマックスシリーズ・ファイナルではまさかの4連敗で日本シリーズ進出も阻まれた。DeNAには昨年も横浜スタジアムで8月に満塁弾を含む3者連続本塁打で逆転負けを喫するなど、ショッキングな負け方が続いている。

今季も交流戦終了後、6月28日からの横浜スタジアムでの3連戦に0勝2敗1分。2連敗の後、3戦目は9回2死までのリードを守れず、引き分けとなった。昨年も交流戦は7勝11敗で10位と苦戦したが、リーグ戦再開後の阪神、巨人との6連戦に全勝し、そのままの勢いでリーグ優勝につなげた。今季はセ・リーグ相手に戻っても連敗スタートで、地元に戻って今季最多の3万2185人を動員した7月2日のヤクルト戦も1対3で完敗した。最近は、試合後のコメントがめっきり減ってしまった緒方孝市監督も「地元でこれだけ声援をもらえて力になっている」とファンを気遣ったが、果たして打開策は見つかるのか……。

オールスター後、ペナントレースの行方を決める後半戦は横浜スタジアムでの3連戦からスタートする。そしてマツダスタジアムでの残り試合は31試合。ここでの勝率が、セ・リーグではV9巨人以来となるリーグ4連覇を左右することは間違いない。

(※引用元 デイリー新潮

関連記事

菊池が語る4連覇とメジャー挑戦「個人ではなく『家族』『一丸』で」

菊池が語る4連覇とメジャー挑戦「個人ではなく『家族』『一丸』で」

丸のヒット性の当たりを捕る 昨年、セ・リーグ3連覇を果たし、今や常勝軍団となった広島東洋カープ。だが、オフに不動の3番打者、丸佳浩が巨人にFA移籍。精神的支柱としてチームを支えた新井貴浩も引退し、戦力 …

田中広輔、遊撃で2年連続のフルイニング出場/斬り込み隊長の矜持

田中広輔、遊撃で2年連続のフルイニング出場/斬り込み隊長の矜持

試合の最後まで、一番・遊撃でグラウンドに立ち続ける。田中広輔は2016年、17年と2年連続のフルイニング出場を達成した。広島の遊撃手としては初の偉業。野村謙二郎氏でも高橋慶彦氏でも到達できなかった領域 …

サッカーも野球も指揮官は大変、カープ緒方監督が気を付けていること

サッカーも野球も指揮官は大変、カープ緒方監督が気を付けていること

監督業とは酷なものだ。常に結果を問われ、内容も求められる。勝てば称賛され、敗れれば罵声を浴びせられる。 ロシアW杯に臨むサッカー日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が本大会を目前に解任された。結果 …