カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

再昇格予定のドラフト1位・小園、後半初戦で『1番先発』の可能性

2019年7月14日

再昇格予定のドラフト1位・小園、後半初戦で『1番先発』の可能性

広島ドラフト1位の小園海斗内野手(19)が後半初戦の15日DeNA戦(横浜)で再昇格し、1番を任される可能性が出てきた。

今月1日に2度目の登録抹消となったが、その後2軍で全試合で安打を放ち、フレッシュ球宴でも日本ハム吉田輝から先頭打者弾を放つなど好調を維持し、実力で1軍復帰を勝ち取った。打線は1番を固定できておらず、19歳の新星が11連敗中のチームに新風を吹き込む。

後半戦を前に1軍再合流した小園はキリッとした表情で、横浜へ向かった。2日間1軍練習に参加し、15日の後半初戦のDeNA戦から1軍昇格する見込み。6月末の横浜遠征は同行しながらも出番なし。ここまで1軍出場4試合はすべて本拠地マツダスタジアム。敵地デビューで、1番スタメンの可能性も十分にある。

この日不在の緒方監督は前半戦総括で「後半戦は(スタメンを)ある程度固定したい」と考えを明かしていたが、東出打撃コーチは「現状は難しい」と明かした。固定は2番菊池、4番鈴木に、復調気配の5番松山ぐらいか。そこに順応力のある西川や捕手ながら打力のある会沢を中心に日替わりで打線を組んでいく考えだ。

また、東出打撃コーチは今季8人が務める1番打者は「流動的になる」と頭を悩ませる。今季広島の1番は、8番までの打順別打率で最も低い1割9分4厘。打線の勢いが付かない一因となっている。今季すでに3試合で1番を務めた小園も候補の1人だ。

今月1日の降格後は1軍投手の失投を確実に捉えるため、無駄を省いてシンプルな打撃を意識した。2軍では全試合で安打を放ち、7月は月間打率3割6分をマーク。高ヘッドコーチも「2軍からいい報告があった」と成長を認める。本人も「高校でも、ジャパンでもずっと1番。先頭で出られたら自分も乗っていける。チームの流れを変えたい気持ちもある」と意欲を示した。

期待は膨らむが、まだ高卒1年目。小園も「まだまだ野球を全然知っていないと感じた。やることがいっぱいある。チャンスをもらったので、生かしていけるように頑張りたい」と背筋を伸ばす。チームは11連敗中だが、怖いもの知らずの19歳は若さを前面にぶつかっていけばいい。恐れるものは何もない。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

理想捨て「左殺し」追及した元カープ・『河内』氏、心からの願い

理想捨て「左殺し」追及した元カープ・『河内』氏、心からの願い

広島のオスカル、飯田の両左腕が、サイドスローに転向。ワンポイントを目指している。 ふと気になり、広島最後の「左殺し」に話を聞いた。現在は広報の河内貴哉氏(35)だ。08年に左肩関節唇と腱板(けんばん) …

達川光男、絶妙なコミカルさでトリックプレー/1980年代の名選手

達川光男、絶妙なコミカルさでトリックプレー/1980年代の名選手

『珍プレー好プレー』のお約束のシーン きょう4月1日は1年で唯一、嘘をついていい日なのだそう。いわゆるエイプリルフールだ。最近は詐欺だとかフェイクニュースだとか笑えない嘘も多いが、わざわざエイプリルフ …

佐々岡監督、緒方前監督と待遇が違いすぎる?5年で激変、チーム状況

佐々岡監督、緒方前監督と待遇が違いすぎる?5年で激変、チーム状況

5年前とは、あまりにも違いすぎる。取材陣だけではなく、ファンもそんな印象を持ったのではないだろうか。 広島東洋カープが佐々岡真司新監督(52)の就任を発表したのは、10月7日だった。クライマックスシリ …