カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープ、ついに5位転落…菊池涼介はチームの現状をどう見ているのか?

2019年7月17日

カープ、ついに5位転落…菊池涼介はチームの現状をどう見ているのか?

前日にようやく連敗を11で止めた広島だが、16日は逆転負け。5位に転落した。リーグ3連覇の王者ながら、今季は乱高下の激しい流れに苦戦。前半戦は5月に11連勝するも、6~7月にかけては11連敗を喫した。

苦杯をなめながらも、中心選手としてチームを支えるのが菊池涼介(29)。今季は打率・257ながら、得点圏打率は4割近い。広島を常勝球団へと成長させた立役者のひとりとして、チームの現状をどう見るか。

――チームは11連勝の後に11連敗。連敗中はどうだったか。

「どうでしょうね。見た感じのまま受け取ってもらえたらと思う。ただ(投打が)噛み合えば連勝できるし、噛み合わなければ負ける。それが野球というだけですよ。去年と今年だけじゃなく、毎年違う」

――チーム状態が上がらず、改めて昨年限りで引退した新井貴浩氏やFAで巨人に移籍した丸佳浩が抜けた「穴」を指摘するメディアもある。

「まあ、いない人のことを言ってもどうしようもないですからね。書いてもしょうがない。そういうのは『記者あるある』なので、別にどうでもいいですけど。もし、いる人のことを棚に上げて言うなら、僕らに取材しなくていいんじゃないかなと思いますね。別に球場に来たからって、外から見ているのと一緒じゃないですか」

――苦しい時期もベンチで率先して声を出したり盛り上げていた。

「僕だけじゃなく、そういうことはみんなやっていますからね。今は若い子がいっぱいいるので、時代もそうだし、(チームの中も)いろいろ変わってきていますからね。僕がどうとか、みんながどうとかというより、みんなが必然的にやっているし、勝手に声は出ています。(広島は)そういうチームですからね」

――巨人が首位を独走しているが、その巨人に広島はここまで6勝4敗と勝ち越している。

「巨人が今年、特に変わったなという感覚はないです。というか、相手が強い、弱いに関係なく、僕らが強いとか弱いとかにも関係なく、いつも通りやるだけだと思っています。(勝ち越しているのも)結果的に勝っているだけ。結果論というだけで、どこがイヤだなとか、ここが強い、弱いというのはない。

僕らが他のチームのこと言っても意味がないと思う。必要なのは、僕らが勝つために何をするかであって、僕らに変わりはないです」(中西悠子)

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

田中ならやれる!山本浩二氏、野村謙二郎氏もトリプルスリーに太鼓判

田中ならやれる!山本浩二氏、野村謙二郎氏もトリプルスリーに太鼓判

今季盗塁王と最高出塁率に輝いた広島・田中がレジェンドOBを前に、将来的な目標として「トリプルスリー」を掲げた。 東京・神宮前のサマンサタバサ表参道の広島コラボショップイベントに、山本浩二氏と野村謙二郎 …

大瀬良がドラフト1位・栗林に太鼓判「真面目、練習熱心、心配ない」

大瀬良がドラフト1位・栗林に太鼓判「真面目、練習熱心、心配ない」

広島大瀬良大地投手(29)が11日、広島・廿日市市内の大野練習場で自主トレを公開した。後輩の山口と約40メートルの距離でキャッチボールを行い、ダッシュ、ノックなどで汗を流した。 昨年9月に手術した右肘 …

大瀬良がカープで慕われる理由…、相談も雑談も「話しやすい」エース

大瀬良がカープで慕われる理由…、相談も雑談も「話しやすい」エース

新年度を迎え、ひと月足らずで元号も「平成」から「令和」へと移っていく。時代の流れ、年を重ねるにつれ、人もまた、変わっていかなければいけないのかもしれない。 新しいシーズンが幕を開けたプロ野球では、4連 …