カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

セ・2位以下の混戦から抜け出すか、カープの強みは「苦手球団なし」

2019年7月23日

セ・2位以下の混戦から抜け出すか、カープの強みは「苦手球団なし」

2位以下の混戦が続くセ・リーグ。独走する首位の巨人を除き、2位から5位まではわずか3ゲーム差だ。巨人以外が星を潰し合っている印象すらあるが、唯一、「苦手」を持たない球団がある。広島である。

今季、ここまで広島が最も負け越しているのはヤクルト(6勝8敗)。阪神には7勝8敗、DeNAには五分(7勝7敗1分け)、それ以外には勝ち越している。

一方、巨人以外で唯一、貯金をつくっている2位のDeNAは、巨人に5勝8敗。阪神には5勝10敗と大きく負け越している。阪神は巨人に4勝9敗、中日には4勝10敗。中日は巨人に4勝10敗とカモにされている。どのチームにも苦手意識はあるはずだが、広島にはそれがなさそうなのだ。

4番に座る鈴木誠也(24)もこう言う。

「誰とやるかじゃなくて、自分たちがどういう野球をやるか。いかにミスを減らすか、ミスをしないかが大事になってくると思う。野球は相手あってのことだし、球種は投手によって違うけど、打席に入ればその意識は変わりません」

広島の“フラット”な意識が今後のペナントレースにどう作用するか。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

佐々岡監督、まずは投手王国の再建から/指揮官が見据える2020年

佐々岡監督、まずは投手王国の再建から/指揮官が見据える2020年

投手王国再建へ――。2016~18年にセ・リーグ3連覇を成し遂げた緒方孝市前監督に代わり、球団では1967年長谷川良平以来、53年ぶりの投手出身監督が誕生した。 4連覇を目指した2019年は今村、一岡 …

緒方監督の選手への平手打ち事件、野球人口が減るのもやむなしでは…

緒方監督の選手への平手打ち事件、野球人口が減るのもやむなしでは…

プロ野球・広島東洋カープは7月24日、同球団の緒方孝市監督が選手を複数回平手で叩いたことを発表した。事の経緯は、6月30日のDeNA戦で、野間峻祥選手が試合中に怠慢プレーをしたことに怒り、手を上げてし …

FA市場でも「赤ヘル株」急落か…チームの不振で立ち込める『暗雲』

FA市場でも「赤ヘル株」急落か…チームの不振で立ち込める『暗雲』

広島は2019年7月8日、ナゴヤドームで中日と対戦し2-3で敗れた。先発・九里亜蓮投手(27)が5回6安打3失点と踏ん張るも、打線は5安打2得点と援護出来なかった。 チームは交流戦後、1分けをはさんで …