カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

セ・2位以下の混戦から抜け出すか、カープの強みは「苦手球団なし」

2019年7月23日

セ・2位以下の混戦から抜け出すか、カープの強みは「苦手球団なし」

2位以下の混戦が続くセ・リーグ。独走する首位の巨人を除き、2位から5位まではわずか3ゲーム差だ。巨人以外が星を潰し合っている印象すらあるが、唯一、「苦手」を持たない球団がある。広島である。

今季、ここまで広島が最も負け越しているのはヤクルト(6勝8敗)。阪神には7勝8敗、DeNAには五分(7勝7敗1分け)、それ以外には勝ち越している。

一方、巨人以外で唯一、貯金をつくっている2位のDeNAは、巨人に5勝8敗。阪神には5勝10敗と大きく負け越している。阪神は巨人に4勝9敗、中日には4勝10敗。中日は巨人に4勝10敗とカモにされている。どのチームにも苦手意識はあるはずだが、広島にはそれがなさそうなのだ。

4番に座る鈴木誠也(24)もこう言う。

「誰とやるかじゃなくて、自分たちがどういう野球をやるか。いかにミスを減らすか、ミスをしないかが大事になってくると思う。野球は相手あってのことだし、球種は投手によって違うけど、打席に入ればその意識は変わりません」

広島の“フラット”な意識が今後のペナントレースにどう作用するか。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

中村恭平、160キロ出す!日本人左腕最速へ「自分が自分を信じ…」

中村恭平、160キロ出す!日本人左腕最速へ「自分が自分を信じ…」

広島・中村恭平投手(30)が1日、広島市のウインズ広島で行われたトークショーに出席し、来季の最速160キロ到達へ意欲を示した。今季は最速156キロをマークし、自己最多となる43試合に登板するなど大躍進 …

野村監督の部屋には、二軍選手の成績や内容までギッシリ書かれていた

野村監督の部屋には、二軍選手の成績や内容までギッシリ書かれていた

広島の2016年からのセ・リーグ3連覇は、丸佳浩(現巨人)、菊池涼介、田中広輔、鈴木誠也といった生え抜きの主力がチームを牽引した。監督は緒方孝市だが、若かった彼らを二軍から一軍に引き上げ、我慢強く起用 …

メヒア、まるで高校球児!打席に入る時「お願いします」と球審に会釈

メヒア、まるで高校球児!打席に入る時「お願いします」と球審に会釈

驚いたことがあった。キャンプ終盤から対外試合が始まり、広島メヒアが第1打席に入る時。ヘルメットのひさしに右手をあて、「お願いします」とばかりに球審に会釈をしたのだ。こんな丁寧な外国人選手、見たことがな …