カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

セ・2位以下の混戦から抜け出すか、カープの強みは「苦手球団なし」

2019年7月23日

セ・2位以下の混戦から抜け出すか、カープの強みは「苦手球団なし」

2位以下の混戦が続くセ・リーグ。独走する首位の巨人を除き、2位から5位まではわずか3ゲーム差だ。巨人以外が星を潰し合っている印象すらあるが、唯一、「苦手」を持たない球団がある。広島である。

今季、ここまで広島が最も負け越しているのはヤクルト(6勝8敗)。阪神には7勝8敗、DeNAには五分(7勝7敗1分け)、それ以外には勝ち越している。

一方、巨人以外で唯一、貯金をつくっている2位のDeNAは、巨人に5勝8敗。阪神には5勝10敗と大きく負け越している。阪神は巨人に4勝9敗、中日には4勝10敗。中日は巨人に4勝10敗とカモにされている。どのチームにも苦手意識はあるはずだが、広島にはそれがなさそうなのだ。

4番に座る鈴木誠也(24)もこう言う。

「誰とやるかじゃなくて、自分たちがどういう野球をやるか。いかにミスを減らすか、ミスをしないかが大事になってくると思う。野球は相手あってのことだし、球種は投手によって違うけど、打席に入ればその意識は変わりません」

広島の“フラット”な意識が今後のペナントレースにどう作用するか。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

FA人的補償の真相!カープは事前に巨人は「揺さぶり」をかけていた

FA人的補償の真相!カープは事前に巨人へ「揺さぶり」をかけていた

フリーエージェント補強の代償で、原巨人は内海哲也、長野久義といった主軸の生え抜きを喪失した。両ベテランとも他球団のドラフト指名を蹴って巨人入りした経緯もあるだけに、ファンの衝撃はまだ続いている。 「内 …

カープ打順固定が鍵、西川の1番資質は十分/広瀬叔功・評論家コラム

カープ打順固定が鍵、西川の1番資質は十分/広瀬叔功・評論家コラム

広島西川が先頭打者本塁打を放った。ストレートを2球見逃し、3球目の内角へのチェンジアップも見逃してカウント1-2。4球目のやや高めの145キロの直球をひと振りで仕留め、右翼スタンドに運んだ。 見事な先 …

当たり前のように勝つ広島の強さは、当たり前のように走る新井にあり

当たり前のように勝つ広島の強さは、当たり前のように走る新井にあり

ビジネス書を手に取ると、「当たり前のことが当たり前にできることが成功への道」などと書かれている。 分かっていてもできていない。 やろうとしても続かない。 「当たり前のことを当たり前にやる」は意外と難し …