カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープ打順固定が鍵、西川の1番資質は十分/広瀬叔功・評論家コラム

2019年7月24日

カープ打順固定が鍵、西川の1番資質は十分/広瀬叔功・評論家コラム

広島西川が先頭打者本塁打を放った。ストレートを2球見逃し、3球目の内角へのチェンジアップも見逃してカウント1-2。4球目のやや高めの145キロの直球をひと振りで仕留め、右翼スタンドに運んだ。

見事な先制弾だったが、それ以上に1番打者としての働きが際立った。

1番打者がやるべきこと、とくに初回の第1打席ですべきことは、相手投手の調子や球筋を味方ベンチに見せることだ。球数を多く投げさせ、攻略に生かす要素をできるだけ多く引き出したい。

初球は手を出してもいい球だったし、2球目もそう。それでも西川はグッとこらえ、4球目まで待った。巨人先発桜井は、広島戦初先発。そういう意味でも、この待球策はファインプレーといえる。今季の西川は4番と9番以外の7つの打順を経験しているが、1番の資質は十分だ。

今季の広島は打順がなかなか固まらず、それが低迷につながっている。それでも、球宴明けから西川を1番に置く上位打線は6試合不変だ。この形が今の広島のベストなら、できるだけ変えずに戦ったほうがチームは落ち着く。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

井端弘和がカープの低迷をズバリ分析、タナキクのやっかいさが消えた

井端弘和がカープの低迷をズバリ分析、タナキクのやっかいさが消えた

セ・リーグ4連覇を目指す広島が苦しんでいる。開幕から5カード連続で負け越しを喫するなど、4月17日の時点で5勝12敗の最下位。まだシーズンは長いが、ここまでの出遅れは多くの識者にとっても予想外だったに …

菊池が語る4連覇とメジャー挑戦「個人ではなく『家族』『一丸』で」

菊池が語る4連覇とメジャー挑戦「個人ではなく『家族』『一丸』で」

丸のヒット性の当たりを捕る 昨年、セ・リーグ3連覇を果たし、今や常勝軍団となった広島東洋カープ。だが、オフに不動の3番打者、丸佳浩が巨人にFA移籍。精神的支柱としてチームを支えた新井貴浩も引退し、戦力 …

2018年度、広島東洋カープの話題『ベスト10』トピックスを紹介

2018年度、広島東洋カープの話題『ベスト10』トピックスを紹介

2018年も間もなく終わるが、ここで編集部が独断で選んだ今年の広島東洋カープ10大トピックスを見ていこう。 1位「球団史上初のリーグ3連覇」 4月24日に首位に立つと、以降はその座を譲らず。独走でペナ …