カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

緒方監督の暴力発覚…去就次第では、カープ選手にとってプラスに?

2019年7月25日

緒方監督の暴力発覚…去就次第では、カープ選手にとってプラスに?

連敗の陰で鉄拳が飛んでいた。24日、広島は15日付で緒方孝市監督(50)を厳重注意処分としていたことを発表した。

事の発端は6月30日のDeNA戦。延長十一回、1死走者なしの場面で打席に立った野間峻祥(26)がポップフライを打ち上げ、その打球を投手のエスコバーが落球。しかし野間は全力疾走を怠ってあっさりアウトになり、試合は引き分けに終わった。この怠慢プレーに指揮官は激怒。試合後、監督室に呼び出した野間を平手で複数回殴ったという。

広島ナインは全力疾走が体に染み込んでいる。他球団では助っ人やベテランが加減して走る見慣れた光景だが、広島ではバティスタも全力疾走を欠かさない。

そんな伝統の野球スタイルを貫く緒方監督は、懲罰采配も辞さない。今回鉄拳を食らった野間が今年3月、二軍開幕戦で本塁を踏み忘れてアウトになったことに激怒し、一軍合流を取り消し。さらに、先月には初回で5失点を喫した野村を1イニングで降板させ、即二軍行きを通達した。

「他球団に比べても若い選手が多い広島で、時代遅れのパワハラ采配をしているため、求心力はガタ落ち。連敗中、選手にチームの雰囲気を聞くと必ず『選手同士“は”雰囲気悪くはないですよ』と言う。監督は試合前の練習中も選手と話すことは少なく、外野から練習風景を見ているのがおなじみの光景です」(放送局関係者)

5年目を迎える緒方監督は、今季が契約の最終年。山本浩二政権以降、広島の監督は「最長5年」が暗黙のルールとされ、緒方監督もその慣例にのっとって今季でユニホームを脱ぐと思われていた。ところが、今月14日に松田オーナーが来季の続投を示唆。処分を受ける前日の発言だったが、今回の一件で去就への影響は避けられそうにない。

ちなみに、緒方監督が試合前にナインを集めて謝罪したその日、11連敗がストップ。この日、勝って5連勝としたチームの復調も、監督の去就に無関係ではないともっぱらだ。暴力発覚で緒方監督は今季限りが濃厚となれば選手は発奮、チームにとってはプラスになりそうだ。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

カープナイン、V持ち越しに「天気には勝てない」/18日、甲子園決着へ

カープナイン、V持ち越しに「天気には勝てない」/甲子園決着へ

広島はセ・リーグ優勝マジック「1」としていたが、台風18号接近の影響で、中止と発表された。次戦は18日の阪神戦(甲子園)。歓喜の瞬間は持ち越しとなった。 ナインはマツダスタジアムに隣接する室内練習場で …

広島・野村VS中日・小笠原でカープ初のV3ロードへ…スタメン発表

広島・野村VS中日・小笠原でカープ初のV3ロードへ…スタメン発表

◆広島―中日(30日・マツダスタジアム) 【中日スタメン】 1(中)大島、2(遊)京田、3(左)アルモンテ、4(一)ビシエド、5(三)福田、6(二)高橋、7(右)平田、8(捕)松井雅、9(投)小笠原= …

4度目の交流戦最下位が確定…24日のラスト楽天戦から巻き返し狙う

4度目の交流戦最下位が確定…24日のラスト楽天戦から巻き返し狙う

広島が延長10回に9失点という衝撃的な展開で3連敗となり、1試合を残し4度目の交流戦最下位が確定した。 「日本生命セ・パ交流戦」のオリックス戦で、菊池保、藤井皓の2投手が1イニングで三塁打4本、二塁打 …