カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ここにきてカープは、一発攻勢で勢いが加速!本塁打量産の要因は…

2019年7月30日

ここにきてカープは、一発攻勢で勢いが加速!本塁打量産の要因は…

自力優勝消滅危機に陥っていたカープが、またも驚異のV字回復を示した。交流戦明けは20年ぶりの11連敗を記録。7月17日時点で今季最大の借金6を抱え、首位巨人に12ゲームも離された。リーグ4連覇へ黄色信号がともっていたが、今季2度目の9連勝で5ゲーム差まで接近した。

前半戦総括の会見で緒方監督が明言したように後半戦から「1番西川、2番菊池涼、3番バティスタ、4番鈴木、5番松山」までの打順を固定。主力が調子を上げると同時に、指揮官待望の新戦力も出現した。楽天からトレードで加入した三好は左腕先発時のスタメンを勝ち取り、1軍再昇格したドラフト1位小園もめざましい成長を見せている。

得点源となっているは一発だ。9連勝中は9試合連続19本塁打。11連敗中(1分けを含む)は12試合で5本塁打にどどまっただけに驚きのハイペースだ。会沢が連敗を止める劇的な逆転弾を放てば、西川は3本の先頭打者アーチをマーク。バティスタは5本塁打と量産体制に突入。安部もサヨナラ本塁打を放ち、三好、小園にもメモリアル弾が生まれた。

【9連勝中の本塁打の内訳】

西川 3本

菊池涼 1本

バティスタ 5本

鈴木 2本

安部 2本

会沢 1本

三好 2本

小園 2本

野間 1本

連敗地獄の重圧から解放されたような一発攻勢に高ヘッドコーチは「みんないいポイントで打ってるよね。狙って打てるものじゃないけどね」と解説。

東出打撃コーチは「暑くなってきたというのもあるんじゃないかな。力みが取れてしっかり振れている」と分析。梅雨時期に訪れた連敗中は不調や故障者が相次ぎ、ムードも「ドヨーンとしていた」と東出コーチは言う。真夏を迎え「打順をしっかり決めて調子が上がってきた」と満足顔だ。

30日から再び首位巨人と激突する。舞台は本塁打が出やすいと言われる東京ドームだ。(杉原史恭)

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

丸、王貞治だけが達成「出塁率5割」に挑む、球史に残る1年となるか

丸、王貞治だけが達成「出塁率5割」に挑む、球史に残る1年となるか

安打数より多い四死球数 突出した丸の出塁率 6月30日に1000本安打を達成したばかりの広島・丸佳浩は、7月1日のDeNA戦で2本塁打を含む5打数3安打と大暴れした。特筆すべきは出塁率の高さ。2位のヤ …

黒田氏「ボク同様に不器用な大瀬良」、体の使い方を覚えて変わった

黒田氏「ボク同様に不器用な大瀬良」、体の使い方を覚えて変わった

メジャーリーグから古巣・広島に復帰し、黄金時代の土台を築いた黒田博樹氏(43)が昨年優勝時に続いてスポニチ本紙に特別寄稿した。 純粋に、凄いと感じる。巨人以外では初のセ・リーグ3連覇。2年前まで一緒に …

菊池が目指す最強の2番打者!こだわるのは「1試合1試合の貢献度」

菊池が目指す最強の2番打者!こだわるのは「1試合1試合の貢献度」

3月には1年ぶり侍招集でタイムリーを演出 今月上旬、オーストラリア代表との強化試合で2試合連続完封勝ちした侍ジャパン。昨年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で攻守に活躍した広島の菊池涼介も …