カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

来た来た!代打陣が躍動、磯村バスターエンドランV打&坂倉初アーチ

2019年8月1日

来た来た!代打陣が躍動、磯村バスターエンドランV打&坂倉初アーチ

公式戦(8月1日、カープ8-2巨人、東京ドーム)

セ・リーグ4連覇を目指す3位の広島が終盤の集中打で首位・巨人に8―2で逆転勝ちを収め、大逆転Vへ重要な直接対決3連戦に2勝1敗と勝ち越し。今季50勝目を挙げて貯金4とし、巨人に4ゲーム差と詰め寄った。広島はこの日敗れた2位・DeNAとは0・5ゲーム差。巨人は広島に連敗を喫し、貯金を12に減らした。

広島は0―1で迎えた4回、松山が右中間スタンドへ2試合ぶりの一発となる4号ソロを叩き込んで同点。

1―1で迎えた7回には先頭・メヒアが左翼線二塁打で出塁し、続く田中広の送りバントが小飛球となった当たりがラッキーな内野安打となって無死一、二塁としてから先発投手・野村の代打に出た磯村がバスターエンドランを成功させた。この一打でメヒアの代走に出ていた二走・曽根が一気に本塁生還を果たして勝ち越し。

さらに西川がバント安打で続いて無死満塁とすると、菊池涼の左前適時打、1死後には鈴木にも中前2点適時打が出て一気に4点リードを奪った。

5―2で迎えた9回には2死から代打・坂倉がプロ3年目で初アーチとなる3ランを右翼スタンドへ放ってリードを6点に広げると、投げては6回4安打1失点と好投した先発・野村の後を受けて遠藤、今村、菊池保のリリーフ陣が無失点リレーでつないで最後は逃げ切った。野村は今季5勝目(3敗)で通算70勝目を挙げている。

巨人は初回、1死一塁から丸の左翼線二塁打で先制。

だが、6回まで広島打線を1失点に抑えていた先発投手のメルセデスが7回に先頭から3連打されて降板すると、2番手・高木、3番手・沢村も勢いを止められず、この回さらに投入した4番手・田口で何とかチェンジ。8回には2死一塁から丸の右中間二塁打で1点を返したが、そこまでだった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

まさかの逆転負けに、緒方監督は「負ければ、自分の継投ミス」と反省

まさかの逆転負けに、緒方監督は「負ければ、自分の継投ミス」と反省

6回まで5-1とリードも投手陣が撃ち込まれ逆転負け 広島は27日、マツダスタジアムで行われた中日戦に7-8で敗れた。打線が序盤から順調に得点を重ねたが、投手陣が中日打線に19安打を浴び、リリーフ陣がリ …

2日連続延長戦は痛み分け、借金完済の懸かった9回に中崎が打たれる

2日連続延長戦は痛み分け、借金完済の懸かった9回に中崎が打たれる

公式戦(5月5日、カープ3-3巨人、マツダスタジアム) 広島―巨人の3連戦最終戦は延長12回の末、規定により3―3で引き分けに終わった。 広島は今季初登板初先発となった中村祐が初回に先制点を失ったが、 …

カープ、5年ぶり『9連敗』で借金3…誠也14試合ぶり19号も空砲

カープ、5年ぶり『9連敗』で借金3…誠也14試合ぶり19号も空砲

公式戦(7月8日、カープ2-3中日、ナゴヤドーム) セ・リーグ3連覇中ながら深刻な打撃不振で前日4位に転落した広島が5位・中日に2―3で敗れ、2014年6月以来5年ぶりとなる9連敗(1分けを挟む)。6 …