カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

来た来た!代打陣が躍動、磯村バスターエンドランV打&坂倉初アーチ

2019年8月1日

来た来た!代打陣が躍動、磯村バスターエンドランV打&坂倉初アーチ

公式戦(8月1日、カープ8-2巨人、東京ドーム)

セ・リーグ4連覇を目指す3位の広島が終盤の集中打で首位・巨人に8―2で逆転勝ちを収め、大逆転Vへ重要な直接対決3連戦に2勝1敗と勝ち越し。今季50勝目を挙げて貯金4とし、巨人に4ゲーム差と詰め寄った。広島はこの日敗れた2位・DeNAとは0・5ゲーム差。巨人は広島に連敗を喫し、貯金を12に減らした。

広島は0―1で迎えた4回、松山が右中間スタンドへ2試合ぶりの一発となる4号ソロを叩き込んで同点。

1―1で迎えた7回には先頭・メヒアが左翼線二塁打で出塁し、続く田中広の送りバントが小飛球となった当たりがラッキーな内野安打となって無死一、二塁としてから先発投手・野村の代打に出た磯村がバスターエンドランを成功させた。この一打でメヒアの代走に出ていた二走・曽根が一気に本塁生還を果たして勝ち越し。

さらに西川がバント安打で続いて無死満塁とすると、菊池涼の左前適時打、1死後には鈴木にも中前2点適時打が出て一気に4点リードを奪った。

5―2で迎えた9回には2死から代打・坂倉がプロ3年目で初アーチとなる3ランを右翼スタンドへ放ってリードを6点に広げると、投げては6回4安打1失点と好投した先発・野村の後を受けて遠藤、今村、菊池保のリリーフ陣が無失点リレーでつないで最後は逃げ切った。野村は今季5勝目(3敗)で通算70勝目を挙げている。

巨人は初回、1死一塁から丸の左翼線二塁打で先制。

だが、6回まで広島打線を1失点に抑えていた先発投手のメルセデスが7回に先頭から3連打されて降板すると、2番手・高木、3番手・沢村も勢いを止められず、この回さらに投入した4番手・田口で何とかチェンジ。8回には2死一塁から丸の右中間二塁打で1点を返したが、そこまでだった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

今季5度目の『完封』負け、ジョンソンが5回3失点…投打に精彩欠く

今季5度目の『完封』負け、ジョンソンが5回3失点…投打に精彩欠く

公式戦(8月7日、カープ0-4DeNA、マツダスタジアム) 広島が今季5度目の完封負け。首位・巨人が勝ったため、ゲーム差は2に、2位のDeNAにも1・5差にそれぞれ広がった。 ここまで好調だった先発の …

エース・大瀬良が完投勝ち、勝率5割へ!バティスタ&誠也アベック弾

エース・大瀬良が完投勝ち、勝率5割へ!バティスタ&誠也アベック弾

公式戦(5月8日、カープ3-2中日、ナゴヤドーム) 広島が初回の3点を守り切り勝率を5割に戻した。 広島は初回、菊池涼の内野ゴロの間で1点を先制。3番・バティスタがロメロの2球目を豪快に振り抜き4試合 …

長野「遅くなって申し訳ない」、初のお立ち台で謝罪…鯉党は大歓声!

長野「遅くなって申し訳ない」、初のお立ち台で謝罪…鯉党は大歓声!

公式戦(9月8日、カープ3-2阪神、マツダスタジアム) 広島・長野久義外野手が攻守に活躍。勝利に大きく貢献した。 お立ち台ではファンの大歓声を浴びたが、「遅くなって申し訳ない気持ちしかない」とまずは謝 …