カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

坂倉、プロ初弾で巨人に4差接近!達川氏の褒め殺し(?)に燃えた…

2019年8月2日

坂倉、プロ初弾で巨人に4差接近!達川氏の褒め殺し(?)に燃えた…

3位の広島が首位・巨人を突き放し、4カード連続勝ち越し。7月2日以来の4ゲーム差に接近し、2位・DeNAとも0・5差まで迫った。

3点をリードした9回。若武者がうれしいプロ1号3ランで巨人をノックアウトした。代打で起用された坂倉将吾捕手(21)が1死二、三塁、カウント1―1から大竹の内角低め直球を振り抜いた。打球が右翼席に飛び込むのを見ると、拳を小さく振った。プロ51打席目の一発。

ベンチで手荒い祝福を受けると「無心でした。うれしかったです。強く振っていこうと思っていました」と日大三高時代を過ごした東京で描いたアーチを振り返った。

高校通算25本塁打の強打の捕手として2016年ドラフト4位で広島入り。ルーキーイヤーの17年から1軍出場を果たし、初安打も記録した。長打力と俊足を買われて昨秋のキャンプから外野手にも挑戦。今季はスタメンで3試合に出場しているが、いずれも左翼手だ。

今春キャンプでは、OBで元監督の達川光男氏に「坂倉!オマエはさすがじゃのう。バットを持ったら天才。でもミットを持ったら…、のう。バッティングはベタ褒め。キャッチングもベタ褒め。いや、逆の意味のベタ褒めよ」と皮肉っぽくゲキを飛ばされた。

それをバネにしたのか、7月25日の中日戦(マツダ)でプロ初適時打となる2点二塁打をマークした。

この2点打も含め、同月8日以降は代打での起用が続く。ベンチに控える日々。「代打は難しいですが、これから勉強になるのは間違いないですね」。将来の鯉を背負って立つことは間違いない背番号61。

まずは持ち前のバットでアピールして、じわじわとマスクでも存在感を見せていく。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

栗林良吏、驚異の奪三振率「14・67」!投球30回2/3で50K

栗林良吏、驚異の奪三振率「14・67」!投球30回2/3で50K

東京オリンピック(五輪)の侍ジャパンに選出されている広島栗林良吏投手(24)が、圧巻の3者連続三振を奪い、守護神の役割を完璧に全うした。 同点の9回に登場。先頭の牧を内角149キロ直球で見逃し三振に仕 …

ドラフト1位・森下、プロ入り最速154キロ計測も4回9失点で降板

ドラフト1位・森下、プロ入り最速154キロ計測も4回9失点で降板

広島・ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が14日、ソフトバンクとの練習試合最終戦(ペイペイドーム)に先発。一回にプロ入り最速を2キロ更新する154キロを計測したものの、4回7安打、自己ワースト …

中村奨成、美しい放物線を描いた待望の初アーチ「あの夏を思い出す」

中村奨成、美しい放物線を描いた待望の初アーチ「あの夏を思い出す」

中村奨はプロ4年目、46打席目でプロ初ホームラン 広島の中村奨成捕手が19日、東京ドームで行われたDeNA戦でプロ初ホームランを放った。プロ4年目、46打席目で飛び出した待望の初アーチにファンも「甲子 …