カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

坂倉、プロ初弾で巨人に4差接近!達川氏の褒め殺し(?)に燃えた…

2019年8月2日

坂倉、プロ初弾で巨人に4差接近!達川氏の褒め殺し(?)に燃えた…

3位の広島が首位・巨人を突き放し、4カード連続勝ち越し。7月2日以来の4ゲーム差に接近し、2位・DeNAとも0・5差まで迫った。

3点をリードした9回。若武者がうれしいプロ1号3ランで巨人をノックアウトした。代打で起用された坂倉将吾捕手(21)が1死二、三塁、カウント1―1から大竹の内角低め直球を振り抜いた。打球が右翼席に飛び込むのを見ると、拳を小さく振った。プロ51打席目の一発。

ベンチで手荒い祝福を受けると「無心でした。うれしかったです。強く振っていこうと思っていました」と日大三高時代を過ごした東京で描いたアーチを振り返った。

高校通算25本塁打の強打の捕手として2016年ドラフト4位で広島入り。ルーキーイヤーの17年から1軍出場を果たし、初安打も記録した。長打力と俊足を買われて昨秋のキャンプから外野手にも挑戦。今季はスタメンで3試合に出場しているが、いずれも左翼手だ。

今春キャンプでは、OBで元監督の達川光男氏に「坂倉!オマエはさすがじゃのう。バットを持ったら天才。でもミットを持ったら…、のう。バッティングはベタ褒め。キャッチングもベタ褒め。いや、逆の意味のベタ褒めよ」と皮肉っぽくゲキを飛ばされた。

それをバネにしたのか、7月25日の中日戦(マツダ)でプロ初適時打となる2点二塁打をマークした。

この2点打も含め、同月8日以降は代打での起用が続く。ベンチに控える日々。「代打は難しいですが、これから勉強になるのは間違いないですね」。将来の鯉を背負って立つことは間違いない背番号61。

まずは持ち前のバットでアピールして、じわじわとマスクでも存在感を見せていく。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

床田寛樹の2軍降格が決定…佐々岡監督が厳しく指摘「もうないです」

床田寛樹の2軍降格が決定…佐々岡監督が厳しく指摘「もうないです」

広島床田寛樹投手の2軍行きが決定した。初回は3人で仕留めるも、2回に1点、3回には3点を奪われ、3回4失点(自責点2)で降板。 今季先発6試合で防御率6・04と試合を作れなかった左腕に佐々岡監督は「1 …

西川、ライバルも食う!日本ハム・近藤おかんメシ、1日3食で体重増

西川、ライバルも食う!日本ハム・近藤おかんメシ、1日3食で体重増

広島・西川龍馬内野手(25)が25日、広島・廿日市市の大野練習場で行われている合同自主トレに合流した。 5日から17日までは鹿児島・徳之島で日本ハム・近藤健介外野手(26)らと練習。同行していた近藤の …

赤松、やっと光が見えた!胃がん手術から2年…瞬発力、パワーも回復

赤松、やっと光が見えた!胃がん手術から2年…瞬発力、パワーも回復

広島・赤松真人外野手(36)が12月30日、「ラストイヤーの気持ちで臨む」という来季の完全復活を改めて誓った。胃がんの切除手術から約2年。2軍で55試合に出場した今季は、夏場以降に不安が手応えに変わっ …