カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「殴られる方がマシ」鉄拳制裁より、悪質な『パワハラ』の実態とは?

2019年8月2日

「殴られる方がマシ」鉄拳制裁より、悪質な『パワハラ』の実態とは?

「殴る、蹴るというのとは違うけど、『それ、パワハラでしょ』というのは結構ある」

こう言うのは、パ・リーグ某球団に所属する30代の選手だ。

つい最近も、「それで二軍の若手選手に泣きつかれた。ある意味では鉄拳制裁より悪質です」とこう続ける。

「自分のときもそうでした。二軍には例えば打撃担当でも最低2人のコーチがいて、指導を受ける中でどちらの顔も立てなければいけない。困るのは、教えることが違うとき。当然、指導法やアドバイスには自分に合う、合わないがあって、合う方のコーチの言うことを聞くと、もう一人が『そんなことは教えてねえだろ!』と怒るなんてことがよくあるんです。

怒鳴られるだけならまだいいんですけど、ヘソを曲げた方のコーチが年上だったり、格上だったりすると、『おまえはもう使わない』と試合に出してもらえない。

僕に泣きついてきた二軍選手はまさにそれで、以来、完全無視されてるそうです。試合に使ってもらえなければ、給料に響くし、選手生命にも影響する。殴られて使ってもらえるなら、そっちの方がマシ。従順かそうでないかで仕事を奪うなんて、パワハラ以外の何ものでもないでしょう」

「選手ではなくコーチを殴れ」

評論家の小川邦和氏は「今回の緒方監督による暴行問題は、全力疾走を怠った野間のプレーが直接的な原因だが、それ以前に兆候はあった」とこう続ける。

「今季の開幕直後から、緒方監督はチャンスで何度も野間に犠打のサインを送り、野間がそれを失敗する場面があった。十分に3割を打つ能力のある野間に対して犠打のサインを出すこと自体、私は愚策だと思っている。

しかも、野間はお世辞にもバントがうまくない。打撃技術が高く、しかも、バントが不得手の選手に対し、何度も犠打のサインを出すのは、ある種のパワハラですよ。選手の能力を生かそうとしていないし、信用していない。

緒方監督には度重なる犠打失敗による不満がたまっていたはず。それが、走塁ミスで爆発した。当然、野間は野間でミスを減らすための努力をするべきですが、同じミスを繰り返すのは、指導者の責任の方が大きい。野間のミスに頭にきて手を上げるなら、しっかり指導できていないコーチを殴れと言いたい」

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

緒方監督の退場を巡り、球団は意見書を提出「経緯も含めて検証して」

緒方監督の退場を巡り、球団は意見書を提出「経緯も含めて検証して」

広島は4日、緒方監督の退場を巡り、セ・リーグに意見書を提出した。鈴木球団本部長は「疑問に思うことをメールした。ルールの確認もさせてもらえなかった。その経緯も含めて検証してほしい」と話した。 菊池涼は、 …

プロ野球ファンサービスの『実態』と、ある選手がカープ少年だった頃

プロ野球ファンサービスの『実態』と、ある選手がカープ少年だった頃

1月下旬のある日、千葉ロッテ・藤岡裕大は昼過ぎで予定していた全ての練習を終えると、クラブハウスへ戻る途中、足を止め、熱心にファンサービスに努めていた。 昨年はルーキーながらショートの定位置を1年間守り …

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

チャップマンが公開した筋トレ写真が年末年始のファン釘付け 米大リーグは年末年始で各球団の動きも小休止していたが、そんな時期に驚異の肉体でファンの視線を釘付けにしたのがヤンキースの守護神アロルディス・チ …