カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「強いのか弱いのか…」今季3度目8連勝でも不安な広島ファンの胸中

2019年8月5日

「強いのか弱いのか…」今季3度目8連勝でも不安な広島ファンの胸中

連敗、連勝、また連敗

強いのか弱いのか、さっぱりわからない。それが4連覇を目指す、今シーズンの広島カープの姿です。

スタートダッシュに失敗し、4月7日から12日にかけて5連敗したかと思うと、17日から27日にかけて8連勝。最大で8つあった借金を、わずか12日で完済し、「さあ、ここからは貯金週間だ」とカープファンが小躍りしたのも束の間、28日から5月1日かけて今度は4連敗です。

「やっぱり4連覇は難しいのォ……」。カープファンが弱音を口にし始めた5月、コイは急に勢いを取り戻しました。11日から25日にかけて、球団記録にあとひとつと迫る11連勝をマークしたのです。

5月の戦績は20勝4敗1分け。勝率8割3分3厘。いずれも球団の月間記録でした。6月1日の時点では2位阪神に5.0ゲーム差をつけ、カープファンは左うちわでした。「4連覇はもう決まったも同然じゃわい」。

ところが6月に入ると落とし穴が待っていました。4日から始まったセ・パ交流戦で5勝12敗1分けと、大きく負け越してしまったのです。交流戦の戦績は12球団ワーストでした。

交流戦がスタートする前は2位阪神に4.0ゲーム差をつけて首位を走っていたカープですが、終わっての順位は2位。入れ替わって首位に立ったのは巨人でした。

「V率100%」の法則は果たして…

交流戦失速の理由は貧打でした。交流戦がスタートするまで2割6分だった打率が、交流戦中は2割1分6厘と急降下してしまったのです。もちろん、これは12球団最低の数字でした。

交流戦の失速は7月に入ってからも尾を引きました。6月28日から7月10日まで、1分けをはさんで11連敗。15日の横浜DeNA戦で連敗をストップしたものの、16、17日と連敗すると、ついに首位・巨人とのゲーム差は12にまで広がりました。「4連覇は諦めた。Aクラス狙いに切り換えるべきかのォ」。ファンからは、こんな声が漏れ始めました。

ところが、です。ここからまた息を吹き返すのですから、今シーズンのカープは冒頭で述べたように、強いのか弱いのか、さっぱりわかりません。19日から28日にかけて9連勝を記録したのです。

28日付けの日刊スポーツには、次のような見出しが躍りました。

<広島8連勝 3度目 V率100%>

先述したように8連勝以上は4月17日~27日、5月11日~25日、7月19日~29日と、今シーズン3度目です。

同紙によると<セ・リーグで8連勝以上を3度記録した過去7チームはすべて優勝している>そうです。カープファンには朗報ですが、一方で過去の優勝チームで、10連敗以上したチームはひとつもない、というデータもあります。

ファンにすればジェットコースターに乗せられたような心境でしょう。果たして無事、目的地に到着することはできるのでしょうか……。

(※引用元 現代ビジネス

関連記事

カープ新監督、有力視される「大物OB」/歴代監督の共通点から占う

カープ新監督、有力視される「大物OB」/歴代監督の共通点から占う

広島の緒方孝市監督監督(50)が2019年10月1日、マツダスタジアムで会見し、今季限りでの退団を発表した。 今季は球団初のリーグ4連覇を目指してスタートを切ったものの、開幕から5カード連続の負け越し …

カープ・長野久義の口数が少ない『理由』こそ、「強いカープの真髄」

カープ・長野久義の口数が少ない『理由』こそ、「強いカープの真髄」

赤チョーさんの口数が減っている。広島東洋カープ・長野久義外野手が赤いユニホームに身をまとい、新天地での春季キャンプを終えた。しかし一挙一動が注目されていた割にはここ最近、本人発のコメントがナゼか少ない …

カープは3連覇&日本一へ団結、10ゲーム差の「苦しい年」を越えて

カープは3連覇&日本一へ団結、10ゲーム差の「苦しい年」を越えて

「広島は強かった」――。 2017 年のセ・リーグペナントレースを振り返るとき、多くの人がそう答えるだろう。確かに、2位阪神に10ゲーム差をつけての連覇は“圧勝”と言える。ただ、チーム内に「圧勝」と感 …