カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

巨人には、厄介…緒方監督が進退かける、カープが中崎抹消で徹底抗戦

2019年8月27日

巨人には、厄介…緒方監督が進退かける、カープが中崎抹消で徹底抗戦

首位巨人は27日から6.5ゲーム差の3位・広島との3連戦を迎える。

優勝へのマジックを「20」としているが、昨季7勝17敗1分けだった広島戦は今季も7勝12敗1分け。すでに勝ち越しはなくなっており、あと1敗で負け越しが決定する。敵地マツダスタジアムは4勝8敗1分けの鬼門だが、残りは東京ドームで5試合。が、こっちも2カードで1勝2敗が2度。ともに負け越している。

仮にリーグ優勝を決めても、その後はクライマックスシリーズがある。巨人としてはひとつでも勝って苦手意識を払拭しておきたいところ。

が、広島の緒方孝市監督(50)は手を打ってきた。26日、守護神・中崎の登録を抹消したのだ。クローザーとして昨季までのリーグ3連覇に貢献したものの、今季は36試合で3勝3敗9セーブ、防御率4.08。二軍再調整を経て昇格したが、24日の中日戦では九回に3点リードを追いつかれ、25日の同戦も八回にビシエドに適時二塁打を打たれていた。

いい時は150キロをマークしていた直球が、今季は140キロそこそこ。にもかかわらず、緒方監督は中崎の抑えに固執。自身の“チルドレン”を特別視してきた温情采配が、チームの低迷を招いた一因ともいわれる。遅きに失した感はあるが、やっと決断した格好だ。

さる球界関係者がこう言う。

「中崎の抹消は巨人にとって悪いニュースでしょう。今年はスピードがないし、誰が見ても抑えは無理なのに、緒方監督は中崎の抑え起用にこだわり続け、ナインもシラけていた。その中崎が二軍に落ちて、巨人にとっては、これで広島の死角がひとつ消えたわけです」

5年目の緒方監督は7月、ボーンヘッドをした野間に対し、平手打ちをしていたことが発覚した。V逸なら今季限りで退団の見方が強まっている。来年があるかも分からない身。不安要素の中崎を切り捨て、最後まで巨人に勝ち続けて続投をアピールするつもりなら、原巨人にとっては厄介である。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

負けず嫌いの塊「自分にむかつく」!期待の20歳右腕、遠藤淳志とは

負けず嫌いの塊「自分にむかつく」!期待の20歳右腕、遠藤淳志とは

日南市・天福球場のブルペンに吹き込んでくる風も涼しく感じられるようになった10月。「みやざきフェニックス・リーグ」に参加している遠藤淳志は、ブルペンで投球練習を行っていた。 3回完全投球の翌日、フォー …

鈴木誠也の不調とともに、チーム成績も急降下…担当記者が見た打開策

鈴木誠也の不調とともに、チーム成績も急降下…担当記者が見た打開策

2位の広島が今季ワーストタイの5連敗(1引き分けを挟む)で本拠地マツダでは4年ぶりの6連敗を喫した。最大14あった貯金は1に。昨季までの3連覇を支えた「本拠地での無類の強さ」や「お家芸の逆転劇」が鳴り …

ここにきてカープは、一発攻勢で勢いが加速!本塁打量産の要因は…

ここにきてカープは、一発攻勢で勢いが加速!本塁打量産の要因は…

自力優勝消滅危機に陥っていたカープが、またも驚異のV字回復を示した。交流戦明けは20年ぶりの11連敗を記録。7月17日時点で今季最大の借金6を抱え、首位巨人に12ゲームも離された。リーグ4連覇へ黄色信 …