カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

赤チョーノに続き、『レッド・バード』誕生あるか?鳥谷の去就に注目

2019年9月1日

赤チョーノに続き、『レッド・バード』誕生あるか?鳥谷の去就に注目

阪神・鳥谷敬内野手(38)が今季限りで退団することが決定的になり、各球団で争奪戦の様相を呈している。虎一筋16年のミスタータイガースが現役続行に心が傾いた場合、広島は獲得意思はあるのか、球団幹部に直撃した。

「他球団の選手のことを、とやかく言うつもりはない。まだシーズン中なので」

鈴木球団本部長の言葉の通り、広島はセ・リーグ4連覇は厳しい状況ではあるが、DeNA、阪神とクライマックスシリーズ進出争いの真っただ中で、他球団の選手の去就どころではない。ましては鳥谷が本職とする遊撃には田中広輔内野手(30)、ドラフト1位・小園海斗内野手(19)=報徳学園高、7月に楽天からトレードで加入した三好匠内野手(26)ら屈指の選手層を誇っている。

それでも、鳥谷は遊撃手として歴代最長の667試合フルイニング連続出場記録を打ち立てるなど、試合前の時点で通算2151試合で打率・280(7433打数2082安打)、138本塁打、818打点。起用法や今季4億円だった年俸などの問題はあるが、実績や将来的な指導者として魅力は十分だ。

近年、広島が他球団のスターを獲得し、成功を収めた例がある。横浜の引退勧告を拒否し、2009年に赤ヘルに加入した石井琢朗コーチ(現ヤクルト打撃コーチ)と、阪神を自由契約になって15年に古巣に戻ってきた新井貴浩氏(現野球解説者)だ。

前者は広島で4年プレーし、13年に内野守備走塁コーチに就任。16年から打撃コーチに配置転換となり、現在の強力打線の基礎を築き上げた。後者は古巣復帰後、2年目の16年にセ最年長のMVPを受賞。主力として球団初の3連覇に貢献するなどかつての輝きを取り戻し、昨年に惜しまれつつ引退した。

「タイガースのユニホームを着てやるのは今シーズンで最後。いろいろ考えて決めます」という鳥谷。昨年の赤チョーノに続き、“レッド・バード”誕生はあるのか。大注目のオフを迎える。(柏村翔)

(※引用元 サンケイスポーツ

関連記事

中継ぎ投手陣再編…中﨑翔太、今村猛、中村恭平は開幕に間に合うか

中継ぎ投手陣再編…中﨑翔太、今村猛、中村恭平は開幕に間に合うか

DJ.ジョンソン、フランスアが不振 V奪回を目指す広島だが、この春は苦しんでいる。3月25日に一軍の練習試合は一旦終了したが、オープン戦から数えると11試合連続で勝ちがない状態だ。要因は複数あるが、外 …

なぜ…実力十分ながら、中学時代は2ケタの背番号だった『鈴木誠也』

なぜ…実力十分ながら、中学時代は2ケタの背番号だった『鈴木誠也』

昨年は首位打者&最高出塁率の鈴木誠也 広島東洋カープ、そして侍ジャパンの4番もすっかり板についた鈴木誠也は小~中学生時代、地元の荒川リトルシニアでプレーしている。 入団当時から体も大きく、技術 …

31日の公示、カープが『小園』を抹消、巨人は畠・ビヤヌエバを登録

31日の公示、カープが『小園』を抹消、巨人は畠・ビヤヌエバを登録

広島はドラフト1位ルーキーの小園海斗内野手を抹消した。小園は球団の高卒新人では2000年の苫米地以来となる開幕1軍入りを果たしたがここまで出場がなかった。 巨人は30日の広島戦で6回1失点の好投を見せ …