カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

引退を決めた赤松の存在、カープ「家族」へ大きな橋渡し役/記者メモ

2019年9月8日

引退を決めた赤松の存在、カープ「家族」へ大きな橋渡し役/記者メモ

広島の「家族」的な雰囲気は、誰かのために動ける赤松真人外野手(37)の存在が大きかったのかもしれない。

レギュラーから代走、守備固めへと役割が変わっても、代わって中堅手となった7学年下の丸へ助言をいとわなかった。

勝負の世界でライバルとなる選手への助言を戸惑う記者に「古っ! 今はもうそんな時代じゃないですよ。チームなんですから」と笑った。強がりでも、負け惜しみでもなく、本心だった。

走塁担当コーチの分析と、自身がベンチから見た相手バッテリーの癖や傾向を照らし合わせ、鈴木や野間らの若手に伝えてきた。コーチとレギュラー、そしてベテランと若手の橋渡し役となったことで、新井氏が「家族」と表現した広島の結束力がより強固になっていったように感じる。

胃がんを患ってからは、チームのためだけでなく、同じ境遇にいる人たち、そして支える人たちのためにプレーした。

「ちょっとでも僕が勇気を与えられれば」。再びグラウンドに立ち、2軍戦で本塁打も記録した。前例のない戦いで見せた姿に何人の人が胸を打たれ、勇気づけられただろう。最後まで赤松は、赤松らしくプロ野球人生を駆け抜けた。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

カープの「苦手」はDeNA…因縁の相手を倒すカギを握るのは菊池!

カープの「苦手」はDeNA…因縁の相手を倒すカギを握るのは菊池!

DeNAは過去5年で見ても苦戦する相手 長いペナントレースを制するためには「天敵を作らないこと」が大事な要素のひとつになる。大きく負け越す相手が1チームでもいるとトータルで貯金を積み重ねることは難しく …

大野豊氏、手術明けの大瀬良に不安要素はゼロ!見えた完全復活の証明

大野豊氏、手術明けの大瀬良に不安要素はゼロ!見えた完全復活の証明

大瀬良は安心させられる内容だった。逆にオーバーペースを心配してしまうくらい、手術後初めての実戦の段階としては、不安な点は何もなかった。 ボールの質、キレ、制球、全てが本来のものに近かった。中でも一番良 …

新人王・森下、実力を10勝で実証/『ヨネちゃんのおシャレ野球学』

新人王・森下、実力を10勝で実証/『ヨネちゃんのおシャレ野球学』

シーズンオフ恒例「ヨネちゃんのおシャレ野球学」。野球取材歴40年超の米谷輝昭記者が、だじゃれを駆使しながら意外なデータやエピソードを紹介します。 2年目のジンクスに挑むシーズンとなる。昨年、セの新人王 …