カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

引退を決めた赤松の存在、カープ「家族」へ大きな橋渡し役/記者メモ

2019年9月8日

引退を決めた赤松の存在、カープ「家族」へ大きな橋渡し役/記者メモ

広島の「家族」的な雰囲気は、誰かのために動ける赤松真人外野手(37)の存在が大きかったのかもしれない。

レギュラーから代走、守備固めへと役割が変わっても、代わって中堅手となった7学年下の丸へ助言をいとわなかった。

勝負の世界でライバルとなる選手への助言を戸惑う記者に「古っ! 今はもうそんな時代じゃないですよ。チームなんですから」と笑った。強がりでも、負け惜しみでもなく、本心だった。

走塁担当コーチの分析と、自身がベンチから見た相手バッテリーの癖や傾向を照らし合わせ、鈴木や野間らの若手に伝えてきた。コーチとレギュラー、そしてベテランと若手の橋渡し役となったことで、新井氏が「家族」と表現した広島の結束力がより強固になっていったように感じる。

胃がんを患ってからは、チームのためだけでなく、同じ境遇にいる人たち、そして支える人たちのためにプレーした。

「ちょっとでも僕が勇気を与えられれば」。再びグラウンドに立ち、2軍戦で本塁打も記録した。前例のない戦いで見せた姿に何人の人が胸を打たれ、勇気づけられただろう。最後まで赤松は、赤松らしくプロ野球人生を駆け抜けた。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

木村昇吾「カープは勝ち方を知っている、どう上がっていくか楽しみ」

木村昇吾「カープは勝ち方を知っている、どう上がっていくか楽しみ」

クリケッターの木村昇吾です。4月30日に阪神-広島(甲子園)をパブリックビューイングで放送するイベントが広島市内の飲食店「弘法市スタジアム広島」で開催され、ゲストで参加させて頂きました。 広島ファンが …

赤松真人が「バース・デイ」に出演、胃がんから復帰を目指した道のり

赤松真人が「バース・デイ」に出演、胃がんから復帰を目指した道のり

4月18日放送の『バース・デイ』に元プロ野球選手・赤松真人さんが出演する。 赤松さんは2004年にドラフト6位指名を受けて阪神タイガースに入団。2008年1月にフリーエージェント(FA)で広島東洋カー …

中村批判に首脳陣の責任問う声も…敗戦ムード強めた致命的ミスの背景

中村批判に首脳陣の責任問う声も…敗戦ムード強めた致命的ミスの背景

1日に行われ、広島が「1-5」で敗れた日本ハム戦。同戦に出場した広島のプロ5年目・22歳の中村奨成に対する佐々岡真司監督のコメントがネット上で物議を醸している。 この日左翼(1回表~5回表)、捕手(6 …