カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

引退を決めた赤松の存在、カープ「家族」へ大きな橋渡し役/記者メモ

2019年9月8日

引退を決めた赤松の存在、カープ「家族」へ大きな橋渡し役/記者メモ

広島の「家族」的な雰囲気は、誰かのために動ける赤松真人外野手(37)の存在が大きかったのかもしれない。

レギュラーから代走、守備固めへと役割が変わっても、代わって中堅手となった7学年下の丸へ助言をいとわなかった。

勝負の世界でライバルとなる選手への助言を戸惑う記者に「古っ! 今はもうそんな時代じゃないですよ。チームなんですから」と笑った。強がりでも、負け惜しみでもなく、本心だった。

走塁担当コーチの分析と、自身がベンチから見た相手バッテリーの癖や傾向を照らし合わせ、鈴木や野間らの若手に伝えてきた。コーチとレギュラー、そしてベテランと若手の橋渡し役となったことで、新井氏が「家族」と表現した広島の結束力がより強固になっていったように感じる。

胃がんを患ってからは、チームのためだけでなく、同じ境遇にいる人たち、そして支える人たちのためにプレーした。

「ちょっとでも僕が勇気を与えられれば」。再びグラウンドに立ち、2軍戦で本塁打も記録した。前例のない戦いで見せた姿に何人の人が胸を打たれ、勇気づけられただろう。最後まで赤松は、赤松らしくプロ野球人生を駆け抜けた。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

鈴木誠也が高校球児にエール!「次のステージで活躍できる準備を…」

鈴木誠也が高校球児にエール!「次のステージで活躍できる準備を…」

夏の全国高校野球選手権大会が戦後初めて中止になったことを受け、広島・鈴木誠也外野手(25)が球児にエールを送った。 「僕個人としては、開催してあげたい。でも決まった以上は変わらないだろうし、もう夏の大 …

【今、伝えたいこと】プロ野球から介護業界へ…リスクと闘う江草仁貴

【今、伝えたいこと】プロ野球から介護業界へ…リスクと闘う江草仁貴

連載「Voice――今、伝えたいこと」第4回、介護業界に転身した元投手のメッセージ 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延 …

緒方監督の選手への平手打ち事件、野球人口が減るのもやむなしでは…

緒方監督の選手への平手打ち事件、野球人口が減るのもやむなしでは…

プロ野球・広島東洋カープは7月24日、同球団の緒方孝市監督が選手を複数回平手で叩いたことを発表した。事の経緯は、6月30日のDeNA戦で、野間峻祥選手が試合中に怠慢プレーをしたことに怒り、手を上げてし …