カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

5度目のサヨナラ負けで4連覇が完全消滅…7点リードから悲劇的結末

2019年9月19日

5度目のサヨナラ負けで4連覇が完全消滅…7点リードから悲劇的結末

公式戦(9月19日、カープ8-11DeNA、横浜スタジアム)

広島はDeNAに今季5度目のサヨナラ負けを喫し、リーグ4連覇の可能性が完全に消滅した。同点で迎えた延長11回無死一、二塁。2イニング目に入った6番手・今村がソトにサヨナラ3ランを浴びた。

この日、広島と巨人がともに敗戦。広島が残り3試合を全勝し、巨人が残り7試合を全敗しても、広島は最終勝率で巨人を上回れなくなった。

5回までに鈴木、長野の一発などで7点をリードしたが、6回に床田、九里が捕まり、一気にリードを吐き出した。8回に再び会沢の12号ソロで勝ち越したものの、その裏に梶谷の適時二塁打で同点に追いつかれ、最後は力尽きた。

昨オフに丸が巨人にFA移籍。精神的支柱だった新井氏も現役を退いた。主力を欠く中、チームは開幕から5カード連続負け越しと泥沼のスタート。6月下旬からは11連敗の地獄も味わった。3連覇の立役者だった守護神・中崎、遊撃・田中広が疲労、故障から不振に陥ると、26本塁打をマークしていたバティスタもドーピングの陽性反応で8月中旬にチームを離れた。

幾多の困難に見舞われながらも、5月には11連勝、7月には9連勝をマークし、8月上旬には首位・巨人と1ゲーム差まで迫った。リーグ制覇は逃しても、カープの底力を見せた1年であることは間違いない。

DeNA戦の負け越しが決まり、最終勝率、勝利数が並んだ場合は上回ることができない。4位・中日にも2・5ゲーム差に迫られる危機的な状況だが、悲願の日本一のチャンスは残っている。緒方監督は「一戦、一戦カープの野球をやるだけ」と口癖のように言い続けている。1984年以来、35年ぶりの日本一奪回に全力を注ぐだけだ。

◆セ・リーグの順位決定 〈1〉勝率が同じ球団が2球団となった場合、勝利数の多い球団が上位となる。〈2〉勝率、勝利数が同じ2球団は当該球団間の勝率が高い球団が上位。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

今季5度目の『完封』負け、ジョンソンが5回3失点…投打に精彩欠く

今季5度目の『完封』負け、ジョンソンが5回3失点…投打に精彩欠く

公式戦(8月7日、カープ0-4DeNA、マツダスタジアム) 広島が今季5度目の完封負け。首位・巨人が勝ったため、ゲーム差は2に、2位のDeNAにも1・5差にそれぞれ広がった。 ここまで好調だった先発の …

球団史上初の5カード連続負け越し…わずか3安打、誠也の一発も空砲

球団史上初の5カード連続負け越し…わずか3安打、誠也の一発も空砲

公式戦(4月14日、カープ2-4DeNA、横浜スタジアム) 広島が球団史上初の5カード連続負け越し。連勝ならず、借金7となった。 先発の九里が期待に応えられなかった。 三回まで無失点に抑えていたが、1 …

来た来た!代打陣が躍動、磯村バスターエンドランV打&坂倉初アーチ

来た来た!代打陣が躍動、磯村バスターエンドランV打&坂倉初アーチ

公式戦(8月1日、カープ8-2巨人、東京ドーム) セ・リーグ4連覇を目指す3位の広島が終盤の集中打で首位・巨人に8―2で逆転勝ちを収め、大逆転Vへ重要な直接対決3連戦に2勝1敗と勝ち越し。今季50勝目 …