カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

赤松、引退会見に菊池の姿「闘病中にうっとうしいくらい連絡して…」

2019年9月22日

赤松、引退会見に菊池の姿「闘病中にうっとうしいくらい連絡して…」

広島・赤松真人外野手(37)は22日、マツダスタジアム内で引退会見を行った。背番号38のユニホーム姿で会見場に現れて、「あまりこれといった成績も残していないけど、ここまで野球をやれたことは、みなさんの声援のおかげです。ありがとうございました」と感謝した。

17年1月に胃がん手術。会見場には、同僚の菊池涼や松山も姿を見せた。「闘病中は、結構キツイんですよね。外に出たくなかったり…。そのときに菊池がうっとうしいくらいに連絡をしてくれたんですよね。空元気で対応したんですけど、それが一番励みになった」。

きょう22日中日戦での引退セレモニーは、台風17号接近のため代替日の27日に順延された。「僕らしいですよね。(2軍)由宇の最後の試合も雨で中止。今日は今シーズンのマツダで初めての雨での中止。でも、延びてみんなと野球できるのでうれしいです」。

通算867試合、403安打、21本塁打、144打点。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

鈴木誠也、若手を指導し新たな打撃論を開眼「新しい発見があった!」

鈴木誠也、若手を指導し新たな打撃論を開眼「新しい発見があった!」

広島・鈴木誠也外野手(25)は21日、“先生役”を通してさらなる進化への手応えを得たことを明かした。6日から宮崎県串間市内で行っていた野間らとの合同自主トレを前日20日に打ち上げて、廿日市市内の大野練 …

上本崇司が豪快弾「守りから入って、代打出されるようじゃいけない」

上本崇司が豪快弾「守りから入って、代打出されるようじゃいけない」

広島の守備のスペシャリストが豪快弾を放った。途中出場の上本崇司内野手が5回、阿知羅の内よりの真っすぐを捉えて左翼席後方に3ランを運んだ。1軍本塁打ゼロの小兵がホームランバッター顔負けの1発で存在感を示 …

カーブ向上に励む、ドラ1・森下暢仁「ボールの回転を意識して入る」

カーブ向上に励む、ドラ1・森下暢仁「ボールの回転を意識して入る」

広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)が16日、カーブの向上に励んだ。マツダの室内練習場で約25メートルの間隔をとりカーブを多投した。 15日のソフトバンク戦ではオープン戦で11イニングぶりの失点を …