カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

長野の血肉となった巨人・阿部の教え「ケガでも、痛いとは言えず…」

2019年9月26日

長野の血肉となった巨人・阿部の教え「ケガでも、痛いとは言えず…」

再会、そして再戦へ。広島長野久義外野手(34)が25日、マツダスタジアムでの全体練習に参加した。巨人阿部の引退表明後、初めて公の場に姿を見せて先輩への感謝の思いを口にした。

すでに優勝を決めている巨人と再戦するには、CS圏内の3位に入らないといけない。まずは自力進出へ、27日中日戦で必勝を期す。

普段はあまり多くを語らない長野が珍しく胸の内を言葉に乗せた。昨年までのチームメート巨人阿部が引退を表明。直接連絡をもらい「頑張れよ」と声をかけられた。プロとしての姿勢、主力選手としての立ち居振る舞いなどを教えてくれた先輩への感謝と再戦の思いが自然と口をついた。

「9年間、本当に一緒にプレーさせてもらって勉強になりました。自主トレに連れて行ってもらって、野球だけでなくいろんなことを教えてもらいました。寂しいですね」

10年の巨人入団から昨年までお世話になった。11年からはグアム自主トレに同行。野球に取り組む姿勢だけでなく、痛みに耐えながらグラウンドに立ち続ける背中を見てきた。「捕手という一番大変なポジションで毎日試合に出る準備を教えてもらった。(自分が)ケガをしても痛いとは言えなかったのは、阿部さんがいたから」。最後はいたずらっぽい笑顔を見せたが、学んだことは数え切れない。ともに過ごした時間は長野の血肉となっている。

今年は敵として戦った。広島は4連覇こそ逃したが、優勝した巨人と再戦するチャンスは残っている。3位に入り、クライマックスシリーズ(以下CS)に勝ち進めば、ファイナルステージで対戦することになる。阪神が残り3試合で1試合でも落とすか、27日の中日との最終戦に勝利すればCS進出の3位が決まる。「(再戦の)チャンスもあるので、しっかり27日の試合をみんなで勝つことを、だと思います」。中軸での先発出場が見込まれる最終戦で必勝を期す。

9月は月間打率3割3分3厘を残し、最近3試合では打率5割3分8厘、1本塁打、5打点をマークする。巨人時代にCS36試合を経験し、日本一も知る長野が日本シリーズ出場権をかけた最高の舞台での再会を目指す。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

セ・リーグV4へまた一歩!中崎からフランスアへ守護神『配置転換』

セ・リーグV4へまた一歩!中崎からフランスアへ守護神『配置転換』

広島の守護神・中崎翔太(26)が2日の阪神戦で、2点ビハインドの九回に登板した。1安打1四球に自らの失策も絡み、2死二、三塁のピンチを招いたものの、何とか無失点で切り抜けた。 5月31日の阪神戦で1点 …

バティスタ、ドーピング陽性反応の弁明終了…今後は委員会で処分検討

バティスタ、ドーピング陽性反応の弁明終了…今後は委員会で処分検討

広島のサビエル・バティスタ外野手(27)のドーピング検査の陽性反応について鈴木清明球団本部長は、29日までに本人の弁明を終えたことを明かした。 バティスタは、6月上旬に実施されたドーピング検査で陽性反 …

5カード連続勝ち越しでも悩ましい…外国人枠はメヒアか救援投手か?

5カード連続勝ち越しでも悩ましい…外国人枠はメヒアか救援投手か?

広島が5カード連続勝ち越しで首位・巨人とのゲーム差を「2」に縮めた。ここ5カード(15試合)で13勝2敗と、怒とうの追い込みを見せている。 2点リードの初回、アレハンドロ・メヒア内野手(26)が3号3 …