カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡監督「やること多いよ」地獄キャンプ予告に床田降参…秋季練習

2019年10月15日

佐々岡監督「やること多いよ」地獄キャンプ予告に床田降参…秋季練習

広島は14日、マツダスタジアムで秋季練習を再開した。投手陣は長時間のランメニューを課せられるなど、11月2日開始予定の秋季キャンプ(宮崎・日南市)の“地獄ぶり”を予感させられる第2クール初日となった。

グロッギーな表情で外野フェンス際を走る投手陣。

見守った佐々岡真司監督(52)は「体力ねえなあ!」とゲキを飛ばした。第1クール最終日の12日までは比較的、楽なメニューが続いたが、この日から急にハードにギアチェンジ。右翼と左翼のポール間片道6本、そして往復2本のダッシュを課した。

現役時代は練習嫌いだったという説もある新指揮官。「秋(のキャンプ)は結構やらされる…というとアレだけど(ランメニューが)多いときは多かった。(ランメニューを含むウォーミング)アップだけで3時間。午前中はアップだけということもあったよ。今とは時代が違うね」と振り返ったが、それはそれ。

「秋は時間がいっぱいある。やることは多いよ」と自身の現役時と同様、秋季キャンプで投手陣に厳しい下半身強化を課すことを予告した。

床田寛樹投手(24)は息も絶え絶え。絶望的な顔で「しんどいです。でも(秋季)キャンプになったら、これの3倍は走ると思う」とつぶやいた。

中部学院大時代は練習嫌いで有名だったというが、それでも「強化トレーニングに耐えられる足腰づくりです。まずはランニングです」と、この日からキツくなったメニューも“地獄”を乗り越えるためには必要だと分かっている。

「ナニナニの花、って言うじゃないですか。(監督やコーチに)見てもらえるだけでもマシだと思ってやらないと」。おそらく「言われるうちが花」と言いたかったのだろう。今季の7勝6敗、防御率2.96から来季の飛躍へ。佐々岡監督期待のホープは、秋も休んでいられない。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。 カープの外国人枠争いが激しさを増してきた。 同時に出場選手登録できるのは4人までで、投手2 …

丸佳浩が抜けた外野の一角候補は『多士済々』/注目のレギュラー争い

丸佳浩が抜けた外野の一角候補は『多士済々』/注目のレギュラー争い

激しい競争がチーム力をアップさせる。キャンプで注目されるレギュラー争い。各球団の、その現状を追う。 広島東洋カープ 広島で注目なのは何といっても丸佳浩が抜けた外野の一角だ。野間峻祥がセンターに回り、レ …

大瀬良が初シート打撃登板…2セット目は頭を整理し、見違える投球!

大瀬良が初シート打撃登板…2セット目は頭を整理し、見違える投球!

広島大瀬良大地投手(28)が18日、初の実戦形式となるシート打撃に登板した。1セット目は2安打1四球だったが、2セット目は見違える投球を見せた。本来の力強い投球で、打者6人に無安打。見逃し三振を1つ奪 …