カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

秋季Cで強制送還あり、来春1軍Cを懸けサバイバル「厳しさは当然」

2019年10月22日

秋季Cで強制送還あり、来春1軍Cを懸けサバイバル「厳しさは当然」

広島・佐々岡真司監督(52)が21日、11月の秋季キャンプに言及し、強制送還も辞さない姿勢で臨む方針を掲げた。宮崎・日南で実施するキャンプでは、既に来春の1軍キャンプを懸けたサバイバルを予告。さらに一歩踏み込んだ格好だ。

「秋は(1軍と2軍の)入れ替えはしないと思う。むしろ、そのまま(広島に)帰らせるかもしれない」

前例はある。2軍投手コーチだった昨秋のフェニックスリーグでは、注意を態度で示せなかった矢崎を強制送還。1軍投手コーチとしても、薮田を今春の沖縄1軍キャンプから2軍の日南へ、7月9日の中日戦では山口を名古屋から広島へ、投球内容に乏しい…として送りかえした。

「キャンプでは何かアピールしてほしい。野手なら足なのか、打つ方なのか、守備なのか。投手なら切れ、球威、制球。(見極める上で)厳しさは当然ないといけない」

4勤1休の1クールに紅白戦2試合を予定する実戦漬けの秋。来春の1軍切符をつかむには、最初が肝心だ。(江尾 卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

大瀬良大地&K.ジョンソン、先発2枚看板が『フリー打撃』に登板!

大瀬良大地&K.ジョンソン、先発2枚看板が『フリー打撃』に登板!

広島が誇る大瀬良大地投手(28)とクリス・ジョンソン投手の2枚看板がそろってフリー打撃に登板した。ともに順調な調整ぶりをうかがわせる内容だった。 すでに開幕投手が決まっている大瀬良は今キャンプ2度目の …

佐々岡監督、必勝継投を再構築する考え「強いボールを投げる投手を」

佐々岡監督、必勝継投を再構築する考え「強いボールを投げる投手を」

秋季キャンプの陣頭指揮を取る広島・佐々岡真司監督(52)が17日、150キロ超の豪腕主体に必勝継投を再構築するプランを明かした。 目玉候補は岡田明丈投手(26)だ。制球の課題克服に取り組むMAX156 …

3年目コンビ・床田&坂倉が開幕1軍へ、猛アピール!緒方監督評価◎

3年目コンビ・床田&坂倉が開幕1軍へ、猛アピール!緒方監督評価◎

広島の3年目コンビが宮崎・日南キャンプ第2クール最終日の7日、開幕1軍に向けて猛アピールした。 床田寛樹投手(23)はシート打撃で主力級の打者6人と対戦し、チームトップ、最速146キロの直球を主体に6 …