カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中畑氏、ソフトBの勝因は『DH制』ではなく、熱い育成への取り組み

2019年10月29日

中畑氏、ソフトBの勝因は『DH制』ではなく、熱い育成への取り組み

【キヨシスタイル】ソフトバンクが4勝0敗で巨人を一蹴して3年連続日本一に輝いた今年の日本シリーズ。パ・リーグ7連勝で「セ・リーグもDH制を」なんて声も上がってるけど、そこじゃないと思う。

パがDH制を導入したのは1975年。日本シリーズでパの本拠地球場だけDH制が採用されるようになったのは85年から。バース、掛布、岡田の阪神が西武を倒して日本一になった年だ。

翌86年はDHなしでやって、現在の方式で固定されたのは87年から。85年と87年以降のシリーズの勝敗を見るとパの21勝13敗なんだけど、2004年まではセの10勝9敗と互角だった。05年以降パの12勝3敗と大きな差がついてるんだ。注目すべきは、半分の6勝をソフトバンクが挙げているってことだ。

05年といえば、セ・パ交流戦が始まった年なんだけど、球界にもうひとつ大きな変革があった。育成選手制度が導入されたんだ。70人の支配下登録選手枠以外に最低年俸240万円で育成選手を獲って育てる。この制度を一番活用してきたのがソフトバンクなんだ。

今年のシリーズを見ても、第1戦先発バッテリーの千賀―甲斐をはじめモイネロ、石川、牧原、足で巨人バッテリーをかく乱した周東。本当に育成出身?というような選手が6人もいた。

ソフトバンクは11年に3軍制を導入。四国アイランドリーグplusや韓国プロ野球、地元の社会人、大学と年間70~80試合の交流戦を行っている。恵まれすぎた今の時代には珍しくなったハングリー精神。実戦を積み重ねる中ではい上がってきたタフな選手たちが、突出した選手層の厚さを生み出しているんだ。

豊富な資金力でFA選手や他球団で活躍した外国人選手も獲るけど、環境を整えてしっかり自前の選手を育てる。これがプロ野球の原点。そして質量ともに豊富な戦力を築いたソフトバンクを中心に、その牙城を崩そうと努力する他の5球団。この構図がパのレベルを上げているんだ。

無尽蔵な熱量を持って選手を育て、球界をリードするソフトバンク。王貞治球団会長の存在は大きいなあ。(中畑清)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

楽天に『痛恨』の逆転負け…千賀が負け投手、打線も2回からゼロ行進

楽天に『痛恨』の逆転負け…千賀が負け投手、打線も2回からゼロ行進

侍ジャパン強化試合(7月24日、侍ジャパン3-5楽天、楽天生命パーク) 東京五輪の1次リーグ初戦を4日後に控えた侍ジャパンが、楽天に痛恨の逆転負けを喫した。 初回に先頭・山田が四球を選ぶと、坂本が左前 …

カブスのアルモラJRが試合中に号泣、打球が観客席の少女を直撃し…

カブスのアルモラJRが試合中に号泣、打球が観客席の少女を直撃し…

テキサス州ヒューストンで行われたアストロズ対カブスの一戦で、カブスのアルバート・アルモラJR外野手(25)が試合中に号泣。チームメートのジェイソン・ヘイワード外野手(29)とジョー・マドン監督(65) …

つば九郎、大好きな「あらいちゃん」に感謝!/「ぼくのたからもの」

つば九郎、大好きな「あらいちゃん」に感謝!/「ぼくのたからもの」

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が16日に更新したブログで、今季限りで現役を引退した広島・新井貴浩内野手(41)への思いを切々とつづった。 「がむしゃらで、ぶきようなおとこ。」とのタイトルでブログ …