カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

倉1軍コーチ、捕手力強化プラン!會澤は「ちょっとした癖がある…」

2019年10月30日

倉1軍コーチ、捕手力強化プラン!會澤は「ちょっとした癖がある…」

捕手王国の礎を築く!広島が29日、来季のコーチングスタッフを発表した。2軍から倉義和バッテリーコーチ(44)と朝山東洋打撃コーチ(43)、3軍から沢崎俊和投手コーチ(45)がそれぞれから昇格。

横山竜士新投手コーチ(43)も1軍担当となった。佐々岡真司新監督(52)の下、顔ぶれが変わった新組閣。参謀と期待される倉新バッテリーコーチは大黒柱のサポートと若手育成の両輪で捕手力を強化していくプランを明かした。

広島佐々岡真司監督を支える参謀として、新任の倉義和1軍バッテリーコーチは捕手力強化のプランを描く。

大黒柱である会沢の安定感増をサポートしながら、有望な若手捕手の育成も同時に進める。結果が求められる1軍の舞台で、現役時代インサイドワークに定評のあった頭脳を捕手陣強化に注ぎ込んでいく。

正捕手の会沢がFA権を行使せずに残留を決めた。来季の扇の要であり、チームの中核を担う存在。

「会沢がいるだけで頼もしい。あれだけやってくれた選手。とやかく言う選手ではない」と絶大な信頼を寄せる。ただ一方で「ちょっとした癖がある」と改善点を指摘しつつ「まだまだレベルは上がってくると思う」と伸びしろを感じている。

次代の正捕手となる「ポスト会沢」育成も重要なテーマだ。2日から始まる秋季キャンプは磯村、坂倉に加え、高卒2年目の中村奨が初めて1軍キャンプ参加となった。「会沢の壁は高いと思うが、近づけるように。レベルアップをやっていきたい」。

28日までのみやざきフェニックス・リーグでは坂倉と中村奨を英才教育。一定の成長を感じることはできた。ドラフトでも育成を含め2人の捕手を獲得した。鍛錬の秋にさらなる競争心をあおり、飛躍のきっかけを探っていく。

鈴木球団本部長は「今までやってきた野球を踏襲する。優勝を経験しているコーチも残っているので、考えは伝わっている」と広島野球の伝統継承に期待する。

指導者として初の1軍となる倉バッテリーコーチも、佐々岡新監督とは現役時代にバッテリーを組み、18年までは3年間2軍でともに指導してきた間柄。「今まで育成という部分が強い2軍でやっていた。1軍は勝たないといけない。勝つ野球をやらないといけない」。

投手出身の指揮官の思いを現役同様、がっちりと受け止める覚悟でいる。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

カープも、ついに『テレワーク』導入?首脳陣も選手同様に完全2分化

カープも、ついに『テレワーク』導入?首脳陣も選手同様に完全2分化

テレワーク導入!?分離練習を続ける広島は首脳陣も、選手同様に2班に完全に分かれるようになった。前日11日までは選手、裏方を完全に2グループに分けていたが、この日から首脳陣も2分化。 広島県内の新型コロ …

セ・リーグのDH制導入について、広島カープの『キーマン』に聞いた

セ・リーグのDH制導入について、広島カープの『キーマン』に聞いた

日本シリーズに4連敗で敗退した巨人・原辰徳監督(61)が「パ強セ弱」に終止符を打つべく、セ・リーグでもDH制導入を提言した。プロ野球の伝統を覆す禁断のルール変更について、広島のキーマンに持論を語っても …

女子中学野球を全力で応援「カープがこんな面白いことを…と思って」

女子中学野球を全力で応援「カープがこんな面白いことを…と思って」

広島が球団独自のスタイルで女子野球振興に向けて奔走している。たとえば阪神や西武は、公認の女子野球チームを保有して活性化に貢献。一方のカープは、県内全体の女子野球熱を高めることに焦点を置き、地域活性化を …