カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

畝コーチ長男・章真が仮契約「父の思いに応えたい」悲願のプロ1勝へ

2019年10月30日

畝コーチ長男・章真が仮契約「父の思いに応えたい」悲願のプロ1勝へ

広島は29日、育成ドラフト3位の畝章真(うね・たかまさ)投手(24)=四国IL香川=に高松市内の同球団事務所で指名あいさつを行い、支度金290万円、年俸300万円で仮契約を結んだ。

サラブレッドながら“雑草派”だ。

父は今季まで広島1軍投手コーチを務めた同OBの畝龍実氏(55)。しかし内野手だった広島新庄高では3年間を通して公式戦でベンチ入りできなかった。しかし引退前後に「父も投手だったんだから、俺もやってみよう」と投手に転向。

自ら名古屋商大のセレクションを受験して合格し、3年秋のリーグ戦で公式戦初マウンドを踏むまでに成長した。

昨春、四国IL香川入り。投手転向から昨年までスリークオーター右腕だったが、また“転向”した。NPBで通用する一芸を求めて、今年の後期シーズンからアンダースローに近いサイドハンドに変えたのだ。

西武・潮崎(現西武編成ディレクター)、ヤクルト・高津(現ヤクルト監督)の画像に見入り、シンカーを習得。母・深雪さん(55)には試合動画の撮影をお願いし、現役時代は左サイドだった父に見てもらい、アドバイスを求めた。「これはダメだ」「もっとこうすべきだ」というスマホ越しの金言に耳を傾けた。

その父は来季から育成選手らを指導する3軍統括コーチに就く。それでもジュニアは「自分で区別しないといけない。父ではあるがコーチ。いち選手として扱ってもらう」と無用の甘えを断ち切るつもりだ。

父は故障に悩まされ、プロでは7試合の登板に終わり、白星を挙げることはできなかった。「父の強い思いを引き継いで、応えたい。1軍で登板を果たして、白星も飾りたいです」。まずはファームで結果を出し、支配下登録を勝ち取る。そして親子鯉2代の悲願をかなえる。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

28歳の誓い。広島大瀬良大地投手(28)が年を1つ重ね、自覚を新たにした。 初めて開幕投手を務めた今季は、大黒柱としてチームを勝利に導いてきた。防御率、完投数はいずれもリーグトップ。エースと呼ばれるま …

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

【ちょっといい話】引退の石原…カープの体育会気質を変えた陰の支柱

広島が初めてCS進出した13年。敗退からしばらく後、石原慶に「大舞台は楽しかった?」と聞いてしまった。「楽しいと思って野球をやったことは一度もないですよ」。いつもニコニコと話してくれる男に真顔で反論さ …

最大の補強…田中広輔の膝が回復!カープ引っ張る「タナキク」も復活

最大の補強…田中広輔の膝が回復!カープ引っ張る「タナキク」も復活

最大の補強はタナ!遊軍の佐井陽介記者が25日、打ち上げ目前の広島沖縄キャンプに「潜入」した。三塁候補の新外国人ホセ・ピレラ外野手(30=フィリーズ)以上に目立っていたのが、昨夏右膝を手術した田中広輔内 …