カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡監督、強肩エラディオ「面白い」秋季キャンプにドミニカ5選手

2019年10月31日

佐々岡監督、強肩エラディオ「面白い」秋季キャンプにドミニカ5選手

広島が11月2日から始まる宮崎・日南市での秋季キャンプに、5人のドミニカ人選手を帯同させることが30日、分かった。

この日、マツダスタジアムで行われた秋季練習にドミニカ共和国の「カープアカデミー」出身5選手が参加。支配下契約のエマイリン・モンティージャ投手(24)、育成契約のアルフレド・メナ投手(25)、今年1月に来日した練習生の外野手・サンチェスに加え、1軍選手にはなじみのない“新顔”の練習生も2人交じっていた。

それがミゲル・エラディオ内野手(23)=185センチ、95キロ=と、ロベルト・コルニエル投手(24)=196センチ、103キロ=だ。ともに9月下旬に来日。エラディオは遊撃が本職だが、この日の守備練習では三塁に就いた。三塁線の打球を逆シングルで捕球すると、一塁の磯村がのけぞるような強烈な送球を披露。

「自分でも肩はすごいと思うよ。本塁からバックスクリーンまで遠投したこともある。好きな選手はヒガンテス(巨人)のショート(坂本勇)。とにかく肩でアピールしたいね」と笑みを浮かべた。

コルニエルは最速156キロの直球を軸に、スライダー、カットボール、ツーシーム、シンカー、スプリットを投げ分けるパワー右腕。初めてマツダのブルペンで投球して「あいさつの時は緊張したけど、普通に投げられた」。救援投手として支配下入りを目指す。

客席に陣取って練習を見守っていた佐々岡真司監督(52)は「来年(の戦力になるか)ということを考えて、5人全員を連れていく。守備を見たけど、面白い存在になるかな」とエラディオの強肩に注目した様子。無名のドミニカンがジャパニーズ・ドリームをつかむことはできるか。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

誠也が右足首手術後、初の左右ノック「まずまず、思ったより動ける」

誠也が右足首手術後、初の左右ノック「まずまず、思ったより動ける」

右足首手術からの復活を目指す広島・鈴木が、広島県廿日市市の大野練習場で術後初めて左右へのノックを受けた。 ゴロの振り幅は抑えめながら「初めてにしてはまずまず。思ったより動ける」と明るい表情で語った。 …

鈴木誠也、地元ちびっ子の激励イジりに苦笑い…キャンプイン園児挨拶

鈴木誠也、地元ちびっ子の激励イジりに苦笑い…キャンプイン園児挨拶

広島のキャンプインは抜けるような青空に恵まれた。1日、宮崎・日南市で佐々岡真司監督(52)体制の春季キャンプが開始。指揮官らは歓迎式で地元の熱い激励を受けたが、認定こども園「浄念寺学園」の園児のエール …

紅白戦の四球激減で『四球癖』改善の兆し「今の段階ではできている」

紅白戦の四球激減で『四球癖』改善の兆し「今の段階ではできている」

広島の1軍は13日、今月1日から天福球場で行ってきた宮崎・日南での1次春季キャンプを打ち上げた。 昨季リーグワーストの483四球を与えた投手陣は、高橋投手コーチらがブルペン投球から制球を意識させるなど …